投稿日:2013年3月14日


■学会誌2011 Vol.5 No.1発行のご案内

日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)では、学会誌『デジタルゲーム学研究』の第5巻第1号を以下のとおり発行いたしました。本学会誌は、2010年度会員各位に送付させていただきました。

【2015年4月】
本学会誌に収録されている、2008年10月に開催された公開講座「『ひぐらし/うみねこのなく頃に』に見るコンテンツとコミュニティ」講演録を公開しました。
下記リンクより講演記録のPDFの閲覧とダウンロードができます。

日本デジタルゲーム学会誌
『デジタルゲーム学研究』
Journal of Digital Games Research
第5巻 第1号

・A4版
・本文108ページ
・表紙原案(遠藤雅伸)
・表紙デザイン(堀 聖司)
・2011年3月31日発行
・ISBNコード1882-0913
journal_cover

■ 目次

【投稿論文】
<原著論文>
・テレビゲームの暴力シーンの影響を左右する視点の調整効果-小学校高学年児童を対象にしたパネル研究の検討-
渋谷明子・坂元 章・井堀宣子・湯川 進太郎

<ショートペーパー>
・MMORPGを用いた歴史授業のデザイン研究―授業参加機会の平等性の観点から―
鎌倉哲史・七邊信重・馬場 章

【特集】「インディーズゲーム」
・特集エディトリアル
七邊信重
<講演録>
「ひぐらし/うみねこのなく頃に」に見るコンテンツとコミュニティ
竜騎士07・BT・有馬 啓太郎・高橋直樹・七邊信重・三宅 陽一郎・井上明人
<依頼論文>
・弾幕生成エンジンを用いたAIプレイヤーによる自動生成コンテンツ評価手法の提案
長 健太
・日本における同人・インディーズゲームの技術的変遷
-開発者インタビューからの同人・インディーズゲーム技術史の再構築-
三宅 陽一郎
・なぜ多様で良質なオリジナルの同人ゲームが日本で開発されるのか?
-ゲーム内容に影響を与える3つの社会的条件-
七邊信重

【産業界からの声】
・岐阜でゲームを作ってます
簗瀬涼司

【参加記】
・福岡シリアスゲームプロジェクトシンポジウム
-シリアスゲームのビジネスモデルを探る-
後藤 誠

【書評】
・書評『「ヒットする」のゲームデザイン』
中村彰憲

・「フリーコピーの経済学」が「フリーコピー」にも耐えられる理由
書評:『フリーコピーの経済学:デジタル化とコンテンツビジネスの未来』
山口 浩

・「あちら」と「こちら」の世界 書評「Play Between Worlds」
山口 浩

・メディアミックスを捉えるということ 書評『現代本格ミステリの研究』
玉井建也

【第1回大会報告報告】

【DiGRA K活動報告】

【投稿規程・執筆要領】

【編集後記】

なお、学会誌の販売も行っております。詳細はこちらをご参照ください。