トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ

投稿日:2018年4月11日


CEDEC、DiGRA JAPAN、IGDA日本 三者鼎談の記事が Inside Games様で公開されました。

https://www.inside-games.jp/article/2018/04/11/113994.html

充実した記事になっていますので、よろしくご覧ください。

2012年の鼎談から二度目の鼎談となります。

https://www.inside-games.jp/article/2018/04/11/113994.html

(広報委員長 三宅)

投稿日:2018年4月5日


本学会の立ち上げに深く関わられ、初期の本学会の立役者の一人であり、

また、2014年の本大会の基調講演もして頂いた、吉田正高教授(東北芸術工科大学)がご逝去されました。

本学会として多大な貢献と知見を頂きましたこと、深く感謝いたします。同時にご追悼申し上げます。

デジタル、アナログ問わずコンテンツに関わる比類のない膨大な知見から、大いに学ぶところがあり、

またこれからも学びたいと思っておりました。個人的にも、12年以上に渡って、お世話になりました。

深く感謝いたします。

ご葬儀告別式はコンテンツ文化史学会サイト

から引用させて頂きますが、以下のようになります。

1.葬儀及び告別式日時    2018年4月8日(日)14時から

2.葬儀(告別式)場所    セレモニーホール霞城 山形県山形市清住町3丁目4−34

3.喪主                             こさささこ様(奥様)

よろしくお願いいたします。

広報委員長 三宅陽一郎

 

投稿日:2018年4月2日


公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団では、「夢のゲーム」 研究アイディアを広く一般のみなさまから募集しております。

ご興味がある方は、下記詳細をご確認の上、奮ってご応募ください。

1. テーマ募集
社会を変える「夢のゲーム」研究アイディア大募集!
ゲームのジャンルは問いません。こんなゲームがあれば生活が良くなる、楽しくなる、ゆとりと活力のある社会に貢献する「夢のゲーム」研究アイディアを自由に発想してください。
2. 募集期間:平成30年3月1日(木)~平成30年4月15日(日)
3. 応募資格:どなたでもご応募いただけます。
4. 表彰区分
最優秀賞 1点 (副賞10万円)
優秀賞 10点 (副賞1万円)
ジュニア賞 10点 (副賞1万円)

詳細は中山隼雄科学技術文化財団のWebページをご確認ください。
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/

投稿日:2018年3月12日


日本デジタルゲーム学会 2017年度年次総会が、2018年3月3日(土)に福岡工業大学短期大学部にて開催されました。

下記に、議事録の公開をいたします。

http://digrajapan.org/?page_id=5449

総会開催時の有効会員総数は264名ででした。本総会の参加者と議決委任の合計が90名と有効会員数の2分の1を越えなかったため、総会実施時点では不成立となりました。

ただし、規約の第34条ならびに第36条に則り、仮総会として実施すること、本仮総会の議事録を一か月ホームページにて公開し、会員の議論に付託の上、書面による異議が会員数の3分の1を超えない場合は、これを総会決議と認められる旨が伝えられました。異議がある場合は、上記議事録ページに記載している連絡先まで、書面にてご連絡ください。

投稿日:2018年3月10日


日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)は、学会誌『デジタルゲーム学研究』第10巻第1号を発行しました。目次については、下記のページをご覧下さい。
http://digrajapan.org/?page_id=5411


3月3日に開催された日本デジタルゲーム学会総会にて、本年度の学会賞の表彰が行われ ました。

日本デジタルゲーム学会2017年度学会賞審査委員会により、岩谷徹会員に学会賞を授与いたしました。岩谷氏のデジタルゲームに関する産業的・社会的な貢献に加え、デジタルゲーム研究の拡大に果たしてきた多岐にわたる業績を踏まえ、授賞を決定いたしました。

DXVHfV9UMAATx3I

DXVHfV-VAAA4620

若手奨励賞は、木村 知宏会員に授与することを発表いたしました。

またあわせて、第8回年次大会の学生大会奨励賞を坂井裕紀会員に授与いたしました。

DXVKB-bUMAAbqat

 

各賞の推薦理由等、詳細はこちらをご覧ください。

 

DXVHzK8U8AEG2X0

 

投稿日:2018年3月4日


下記のイベントが、デジタルハリウッド大学大学院で開催されます。ご関心がありましたら、是非ご参加ください。

※当日の発表スライドのうちオンライン公開されているものにリンクしました。また、頂いていた他の資料もアップしました。(2018年4月20日)


同人ゲームの潮流――After 10 Years

<内容>
昨今の「インディーゲーム」の世界的ブームや「Bit Summit」「デジゲー博」をはじめとするイベントの増加、「Steam」等のデジタルプラットフォームや「Unity」等のゲーム開発エンジンの普及、DVDドライブ非搭載パソコンの浸透などの中で、同人誌即売会「コミックマーケット」を中心として形成されてきた同人ゲーム(同人ソフト)やその界隈の文化には、現在、さまざまな変化が生じています。

2008年に、日本デジタルゲーム学会は「同人ゲームの潮流」という研究会を初めて開催しました。今回の研究会では、この10年間に起きた変化を振り返りつつ、自主制作ゲームの制作・流通・研究にかかわる方々やフロアの方々と、同人ゲームにまつわる課題や可能性について気軽な雰囲気で議論し情報共有いたします。

<概要>
■日時: 2018年3月16日(金) 19:00~21:00

■プログラム:
19:00~19:05 デジタルハリウッド大学大学院ご紹介

19:05~19:10 趣旨説明
七邊信重(デジタルハリウッド大学大学院) 「趣旨説明

19:10~20:40 発表&ディスカッション
小山友介(芝浦工業大学) 「この10年の産業の激変
北山功(神奈川電子技術研究所) 「神奈川電子技術研究所
江崎望(デジゲー博準備会代表)
横塚貴志(RebRank) 「RebRank Chronicle -大人になったいま、同人ゲーム制作を振り返る-」(2018年3月20日付記事)
紫雨陽樹(PlatineDispositif) 「シングルアクション同人ゲエム
筆者(関西同人ゲーム制作者交流会)
今給黎隆(東京工芸大学) 「コミケでのゲームエンジン2017
七邊信重(司会)

20:40~21:00 質疑応答

※事前受付はございません。当日、直接会場にいらしていただけましたらと思います。
なお、当日の席に関するお問い合わせを何件か頂いてます。
席を確保されたい方は、少しお早めにお越しください。

■会場: デジタルハリウッド大学大学院 E15-E17教室
■住所: 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F http://gs.dhw.ac.jp/utility/access/
■費用: 無料
■定員: 100名
■主催: デジタルハリウッド大学大学院コンテンツビジネス分析ラボ

投稿日:2018年3月1日


第8回年次大会の公式サイトにて
http://digrajapan.org/conf8th/

プログラム詳細・予稿集を掲載しました。

(予稿集データは280Mbyteほどあります。Wi-Fi環境でのダウンロードをお勧めします。また会場では冊子になったものを配布いたします)


第8回年次大会の基調講演は、3/3(土) 13:30から、

公益財団法人福岡アジア都市研究所の 調整係長の中島賢一氏に

「クリエイティブ産業と地域活性化」というテーマでご講演いただきます。

クリエイティブエンターテインメント都市を目指す福岡市にて、クリエイティブ産業が地域活性化にどのように寄与するのかご紹介いただきます。

詳しくは

http://digrajapan.org/conf8th/

 

#digra8th


いよいよ、第8回年次大会が明日3/2から開催となります!
http://digrajapan.org/conf8th/

会場は福岡工業大学短期大学部 http://www.fit.ac.jp/shisetsu/campus/index です。

当日会場での参加受付もしております。

皆様のご参加をお待ちしております。

各種SNS用ハッシュタグ:  #digraj8th

« 前へ