トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ

投稿日:2019年3月19日


DiGRA 2019登録につきまして

いよいよDiGRA 2019の登録が開始されました。ディスカウント価格が有効なのは、4月末までですので、ご留意の程、よろしくお願いします。

なお、登録時の留意事項がございます。

 

①DiGRA 2019の大会参加費はユーロが基準となっております。

フィンランドに本社を持つ国際学会であるため、参加費用はユーロベースになっております。参加費用は公式ホームページの価格リストから確認出来ます。

②クレジットカードでのお支払いをお願いいたします。

国内の皆さまにつきましては、現金振込のオプションも準備しておりますが、クレジットカードでお支払いを推奨いたします。現金振込の場合、学会運営代行が個別対応で管理する関係上、その分お高くなっております。そちらもDiGRA公式ホームページからご確認ください。

③価格は必ずユーロを選択してください!

支払フォームではユーロと現地通貨(日本の場合は円)が選択可能となっておりますが、かならずユーロを選択してください。円を選択された場合、ユーロ価格を自動的にPaypalの換算レートで円に換算しまい、通常のクレジットカードでの換算レートよりも割高になってしまいます。

 

もし誤って円を選択されてしまった場合、一旦、登録内容を取り消し最初からやり直してください。

もし、あやまって、円を選択をしてしまい、そのまま支払いを済ませてしまった場合、事務局側で差額を払い戻しすることは出来かねますので、あらかじめご了承ください。

では8月には京都で皆さまをお待ちしております。

投稿日:2019年3月7日


2019年8月に開催されるDiGRA 2019において、8月6日に日本語トラック「Contemporary Issues on Digital Game Research in Japan」が行われます。
本ワークショップは日本デジタルゲーム学会の2019年度「夏季研究発表大会」としても実施されます。

DiGRA 2019のワークショップとして開催されるので、発表レギュレーションや大会自体への参加方法について、例年の夏季研究発表大会と異なる点がございます。
詳細は下記ページをご確認ください。

DiGRA 2019 Workshop 日本語トラック(DIGRA JAPAN2019年夏季大会)発表者募集

世界中のゲーム研究者への発信ができる場でもございますので、みなさまのご参加をお待ちしております。

投稿日:2019年3月17日


DiGRA 2019 プログラム委員会によると,採択通知は予定通りMarch 18,  2019 (UTC -1200) までに発信予定と連絡がありました.つまり,日本時間では19日に通知を受信する場合がありますのでご了承願います.

 

投稿日:2019年3月12日


日本デジタルゲーム学会 2018年度年次総会が、2018年3月4日(月)に岡山理科大学にて開催されました。

下記に、議事録の公開をいたします。

http://digrajapan.org/?page_id=6657

総会開催時の有効会員総数は261名ででした。本総会の参加者と議決委任の合計が84名と有効会員数の2分の1を越えなかったため、総会実施時点では不成立となりました。

ただし、規約の第34条ならびに第36条に則り、仮総会として実施すること、本仮総会の議事録を一か月ホームページにて公開し、会員の議論に付託の上、書面による異議が会員数の3分の1を超えない場合は、これを総会決議と認められる旨が伝えられました。異議がある場合は、上記議事録ページに記載している連絡先まで、書面にてご連絡ください。

投稿日:2019年3月7日


帝京大学理工学部情報電子工学科では、講師または助教の公募を行っております。
募集期間は、2019年03月15日 必着となっております。
ご興味のある方はぜひご応募いただけますよう、お願いいたします

【帝京大学 理工学部 情報電子工学科教員募集要項】
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D119021500&ln_jor=0

投稿日:2019年3月1日


第9回年次大会 いよいよ来週3月3日(日)~4日(月)に開催。予稿データも公開開始
http://digrajapan.org/conf9th/

第9回年次大会がいよいよ3月3日(日)から2日間に渡り岡山理科大学 岡山キャンパス(岡山県岡山市)にて開催されます。
予稿データを大会Webページにて公開しています。
※当日来場の方には予稿集冊子も配布いたします。会場には来場者向けWi-Fiの準備はありませんので、データでご覧になられる方はあらかじめダウンロードしておくことをおすすめいたします。

基調講演は、昨年「LA-MULANA2」をリリースしたNIGOROの楢村匠氏と、刀剣とゲーム・アニメの展示を企画する植野哲也氏です。

発表も、ゲーム開発技術や歴史、ゲームやプレイヤーの分析シリアスゲームやゲーミフィケーション、メディアミックス、そしてVRやe-sports、ネット社会との関わりといったテーマが集まっています。

詳細はこちらをご確認ください。
http://digrajapan.org/conf9th/

当日会場にお越しになられても入場できます。皆様のご参加をお待ちしております。

投稿日:2019年2月16日


2019年8月9~11日に京都の立命館大学で開催される「Replaying Japan 2019」の発表申し込みの期限が、3月15日(金)に延長されました。日本語での発表要旨の提出〆切も、同日に延長されるとのことです。

詳細は下記をご確認ください。
Replaying Japan
立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)

投稿日:2019年2月14日


ただいま開催中の「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」の会場であるSKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ(埼玉県川口市)にて
2月23日(土)に「あそぶ!ゲーム展 シンポジウム」が開催されます。
デジタルゲームの開発と研究を牽引してきた専門家たちをゲストに迎え、その進化史を改めて振り返りながらディスカッションを行います。ゲームアーカイブ(収集・整理・保存・活用)の課題と、ゲームの未来について討論します。

http://www.skipcity.jp/vm/game3/topics/#topic_6

日 時:2019年2月23日(土)13:00~(12:30開場)
会 場:彩の国ビジュアルプラザ4階 映像ホール
登壇者:中川大地(評論家/編集者 明治大学野生の科学研究所研究員、批評誌「PLANETS」副編集長)
中村彰憲(立命館大学映像学部 教授)
兵藤岳史(バンダイナムコスタジオ)
三上真司(ゲームデザイナー)
森川嘉一郎(明治大学国際日本学部 准教授) 他
司会者:遠藤雅伸(ゲームデザイナー)
馬場 章(学校法人 滋慶学園COMグループ 名誉学校長)
※敬称略/五十音順
※登壇者は変更になる場合もございます
観覧定員:300名(事前申込制/当日申込も可 ※定員に達した場合、入場をお断りすることもございます)
観覧費:無料(要ミュージアム入館料)
申 込:こちら
主 催:埼玉県
企画・運営:株式会社デジタルSKIPステーション
お問合せ:映像ミュージアム 048-265-2500

投稿日:2019年2月10日


先日配信した、会員向けのメーリングリストでDiGRA2019の締切が2月15日に延長になると報じましたが、2月12日の間違いです。申し訳ございませんでした。


2019年8月に立命館大学で開催されるデジタルゲームの国際会議「DiGRA 2019」のフルペーパー、アブストラクト、パネル、博士課程コンソーシアムの投稿〆切が、2月12日(火)に延長されています。
http://www.digra2019.org/call-for-paper/

なお、ワークショップの申し込み〆切は、4月8日です。

« 前へ