+menu-


  • 日本デジタルゲーム学会2014年度年次大会 [2015/3/7、8(土、日)] 参加受付開始

    日本デジタルゲーム学会では、2014年度の本学会年次大会を下記の通り開催いたします。

    詳細は大会Webページ http://digrajapan.org/conf2014/ をご確認ください。

    参加ご希望の方は2/27(金)までに https://digrajapan.org/?page_id=1847 よりご登録ください。

    ○日程:2015年3月7日(土)、8日(日)

    ○場所:宮城大学(大和キャンパス) http://www.myu.ac.jp/uploaded/attachment/2156.pdf
    ○テーマ:「ゲームの杜へようこそ」

    ○基調講演:
    ・3月7日(土) 14:10~15:00
    吉田 正高 氏(東北芸術工科大学教養教育センター准教授/コンテンツ文化史学会会長)
    「東北地方とコンテンツ ―ある大学教員のささやかな奮闘記―」
    ・3月8日(日) 12:30~13:20
    白岩 靖史 氏(仙台市経済局)
    「地方と世界をつなぐゲーム産業振興 ―仙台・オウルの国際都市間連携の取組み―」

    ○参加費:
    一般会員  4000円(事前登録価格) 学生会員  2000円
    一般非会員 6000円(事前登録価格) 学生非会員 3000円
    参加ご希望の方は2/27(金)までに https://digrajapan.org/?page_id=1847 よりご登録ください。
    それ以降のご登録、または当日受付の場合、一般の方(会員・非会員とも)の参加費が1000円増しになります。

    みなさまのご参加をゲームの杜にてお待ちしております。


  • ゲームデザイン討論会―公開ディスカッション

    3月14日(土) 奥野かるた店 http://www.gameshistory.net

    日本デジタルゲーム学会と遊戯史学会の有志により、デジタルゲームとアナログゲームをつなぐ珍しいパネルディスカッションが開催されます。ぜひご参加ください。

    ■1.骨子
    ゲームデザイン討論会は、2013年から継続されているウェブ討論会です(2015年現在で計8回)。
    本討論会の趣旨は、DiGRA JAPANと遊戯史(ゆうぎし)学会の有志が主体となりまして、ゲームデザインの歴史における普遍性・特殊性を問い続け、古今東西のゲーム文化に関する学際的議論を活発にすることにあります。
    今回の「公開ディスカッション」では、ウェブのみならずリアル空間へと議論の場を広げて、公募による聴衆の皆さまと一緒に議論の広がりと深化を目指したく考えています(論題は後述?を参照)。

    ■2.メンバー(各自己紹介は後述?を参照)
    A)パネリスト(以下5名)
    ・遠藤雅伸(DiGRA JAPAN 理事、東京工芸大学教授)
    ・三宅陽一郎(DiGRA JAPAN 理事、AI研究者)
    ・草場純(遊戯史学会理事、「ゲームマーケット大賞」審査委員長)
    ・小野卓也(Table Games in the World主宰)
    ・渡辺範明(ゲームプロデューサー/ドロッセルマイヤーズ代表)
    B)コーディネーター
    ・蔵原大(遊戯史学会広報担当理事、DiGRA JAPAN会員)

    ■3.日時と場所
    A)日時:2015年03月14日(土曜)13:30 – 16:00(受付13:00開始)
    B)場所:株式会社奥野かるた店 2F展示室
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-26

    ■4.一般参加
    A)一般参加は完全予約制。定員は40名(参加費1,500円)
    B)参加申し込み窓口は、遊戯史学会サイト( http://www.gameshistory.net

    ■5.論題
    A)タイトルは「奥野の百年、ゲームデザインの千年」。
    B)趣旨は、奥野かるた店の約100年の歴史を振り返りながら、デジタルゲームとアナログゲームの双方の知見からゲームデザインを究め、さらにゲーム文化の前近代 – 近未来における普遍性・特殊性を論考するところにある。

    Continue reading 


  • 「ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム」 取材・見学・個人ハッカソン募集のご案内[2/21・22]

    2月21、22日の二日間にわたり、第3回シリアスゲームジャムを開催されます。今回のテーマは小中学生にインターネットの安全な使い方を学んでもらうためのゲームを作ること。
    つきましては、本イベントの成果を広く知っていただきたく、最終日の作品発表を中心に取材・見学のお申し込みをお受けいたします。完成したゲームを実際にプレイしていただくこともできます。併せて、「個人ハッカソン」のお申し込みも受け付けます。
    是非この機会に、日本国内ではまだ珍しい「シリアスゲームジャム」の雰囲気を味わっていただきたくご案内申し上げます。

    1. 開催概要
    【イベント】『ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム』
    【テーマ】小中学生向けのインターネットの安全な使い方を学ぶゲーム
    【開催日程】2015年2月21日(土)~2月22日(日)10:00~18:00
    【開催場所】株式会社ラック(最寄り駅:地下鉄永田町)
    東京都千代田区平河町二丁目16番1号 平河町森タワー
    【主催】シリアスゲームジャム実行委員会
    【公式サイト】http://www2.teu.ac.jp/media/~kishimotoy/sgj3/
    【Facebook】https://www.facebook.com/groups/301329940059174/

    2. 取材・見学
    【対象日時】2月22日(日)16時30分~17時30分
    各チームが制作したゲームの最終プレゼンテーションをご覧いただいた後、実際にゲームを手に取って試遊していただきます。(*他の時間帯を希望される方はご相談ください。)

    マスコットキャラの「セリちゃん」
    マスコットキャラの「セリちゃん」

    3. 個人ハッカソン
    二日間フルタイムのゲームジャムには参加できないが、本イベントの開催趣旨に賛同し、参加を希望される方には、半日程度の「個人ハッカソン」の形でのご参加を歓迎いたします。
    ご来場いただく日時は、お申し込み後に調整させていただきます。

    4. 申込締切と連絡先
    2月18日(水)24時までに、メールにてご連絡ください。
    【連絡先】東京工科大学メディア学部 岸本好弘 kishimotoy[あっと]stf.teu.ac.jp


  • 2014年度学会賞・若手奨励賞推薦のお願い

    日本デジタルゲーム学会は、学会賞規定7条に基づき、デジタルゲーム及びその研究について大きな貢献を果たしたと認める者を顕彰し、本学会及び学術の発展をはかることを目的として、日本デジタルゲーム学会学会賞を制定し、昨年は、若手奨励賞2名を選出いたしました。

    http://digrajapan.org/?page_id=1220

    本年度も学会賞及び若手奨励賞を募集いたします。もし、受賞者のご推薦がございましたら学会賞規程第7条の内容に基づきまして、表題を「学会賞・若手奨励賞推薦」として、

    prizeあっとdigrajapan.org

    (あっとは@に変換してください)までご連絡いただきますようにお願いいたします。こちらの締め切りは2月19日(木)とさせていただきます。

     


  • 「ロボット × AI」アイデアワークショップ 

    IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) SIG-AI (人工知能専門部会)の協力イベントが実施されます。

    昨年、大好評に終わった「iPhone ロボット Romo」のハッカソンに続き、アイデアワークショップを開催します。

    「AI とロボットを組み合わせた、新しいプロダクトやサービス」について、考えてみましょう!  (AI : artificial intelligence / 人工知能)

    開催URL(お申込み。先着順です): http://everevo.com/event/19541

    ※ アイデアワークショップなので、エンジニア以外の方も是非ご参加ください
    開催日程:   2015/02/21(土) 14:00 – 18:00
    開場・受付時間: 13:30
    主催者:   セールス・オンデマンド株セールス・オンデマンド株
    会場名:   KDDI ヒカリエ オフィス 34F イベントスペース
    開催地:   東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 34

    基調講演: 「人工知能で作る楽しい未来」三宅陽一郎

    募集期間: 2015/01/23(金) 18:00  –  2015/02/21(土) 00:00


  • GLOBAL MATH2014 コンテスト(〆切:3/6)

     

    GlobalMath_logo世界中のプレイヤー・クリエイターがアクセスできる、
    数学的思考力が身に付くゲームが集まるGLOBAL MATHにて
    「GLOBAL MATH2014コンテスト」が今年も開催されます。
    学校授業で採択されるような、数学的思考力を育成するゲームを作ってみませんか?
    ご興味がある方は、奮ってご参加ください。

     

     

    ○テーマ: GLOBAL MATHが定義する、9つの数学的思考力を育成するゲーム

    ○開催日程:
    エントリー〆切 2015年3月6日(金)18:00
    コンテスト   2015年3月21日(土祝)13:00~16:00予定
    ※エントリー詳細はこちら: http://globalmath.info/lp/contest2014/
    ※コンテストのビラはこちら: http://www.globalmath.info/lp/creator/pdf/bira.pdf

    ○コンテスト開催場所: 株式会社ベネッセホールディングス(最寄り駅:新宿)

    ○主催: 株式会社ベネッセホールディングスEdTech Lab
    公式ウェブページ:  http://www.globalmath.info/
    Facebook:  https://www.facebook.com/globalmath.info?fref=ts
    活動実績: http://www.globalmath.info/lp/result/ (日本語)
    http://www.globalmath.info/lp/en/result/ (英語)

    ○問合せ先:  https://www.globalmath.info/globalmath_pfweb/contact?locale=1

    ○開催趣旨
    21世紀を生きる私たちに求められる力は、コンピューターに代替されてしまうようなルーチンの仕事をこなす力ではなく、未知の問題に対しても状況や目的に応じて判断を下せるような問題解決力です。じっくり思考する力が必要なのです。数学的思考力はそのような思考力の基礎です。
    「問題発見」⇒「計画」⇒「実行」⇒「見直し」という一連の問題解決のプロセスで使う基本的な9つの力を育成するようなゲーム作りやゲームプレイを国境を越えて取り組めるような場、それがGLOBAL MATHです。小学生から学生、大人まで、だれでもクリエイター、プレイヤーとして参加できます。


  • 『ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム』開催のお知らせ

     

    昨年「英語学習」をテーマに行われたシリアスゲームジャムが、本年も開催されます。今回のテーマは「インターネットの安全な使い方を学ぶゲーム」です。ご興味がある方は、奮ってご参加ください。

     

    ○テーマ: インターネットの安全な使い方を学ぶゲーム

    ○開催日程: 2015年2月21日(土)~2月22日(日) 10:00~18:00予定

    ※事前の2月上旬に参加者によるペラ企画コンテスト実施

    ○開催場所: 株式会社ラック(最寄り駅:地下鉄永田町)

    ○主催: シリアスゲームジャム実行委員会

    公式ウェブページ: http://www2.teu.ac.jp/media/~kishimotoy/sgj3/

    Facebook: https://www.facebook.com/groups/301329940059174/

    ○後援: NPO法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) http://www.jnsa.org/

    ○協力: 日本デジタルゲーム学会、NPO法人 国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)

    日本大学生産工学部、東京工科大学メディア学部、株式会社ラック

    ○参加者募集開始: 1月中旬予定より公式ウェブページにて

    ○問合せ先: 東京工科大学メディア学部 岸本好弘 kishimotoy [あっと] stf.teu.ac.jp

     

    ○開催趣旨(以下、リリース文より)

    「英語学習」をテーマに2014年2月に開催された日本初の「シリアスゲームジャム」から1年、『ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム』を開催いたします。

    今回のテーマは「インターネットの安全な使い方を学ぶゲーム」。JNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)の全面協力を得て、情報セキュリティに関する知識を楽しく学べるゲームを開発しようというものです。

    英語教育専門家にゲーム開発者、学生ら総勢35名が集い、2日間で5本のゲームを作り上げた初回同様、サイバーセキュリティ専門家の知識に、ゲーム開発者、学生らの力を結集し、サイバー犯罪魔王立ち向かう勇者を鍛え、ゲームの力で世界を救いましょう!

     


  • 2014年度年次大会 インタラクティブ・セッション 発表募集のお知らせ

    2015年3月7,8日の年次大会について、皆様に発表申込をしていただき、ありがとうございました。会場に若干の余裕ができましたので、インタラクティブ・セッションの発表を2015年1月20日(火)まで受け付けております。

    インタラクティブ・セッションでは、ポスターを前に議論を広げる形式だけでなく、開発したゲーム等を来場者に実際にプレイしてもらい、直接そのフィードバックを貰うことも可能です。

    http://digrajapan.org/?p=1641 の応募要項をご確認の上、ぜひぜひご応募ください。

    (ご興味がありそうな方に情報を共有して頂けると助かります)

    ※口頭発表、企画セッションについては締め切らせていただきました。ご応募ありがとうございました。


  • 国際日本ゲーム研究カンファレンス2015(Replaying Japan 2015)論文募集(1/31〆切)

    2015年5月21-23日に開催予定の『第3回国際日本ゲーム研究カンファレンス-Replaying Japan 2015』について、日本語での研究発表の募集が行われています。今回の大会の会場は立命館大学(京都市)です。(本学会も共催しております。)

    日本語、英語双方のご発表および討論が可能となっております。発表募集の締切は、2015年1月31日(土)です。詳しくは下記リンクをご確認ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    http://www.rcgs.jp/2014/12/2015replaying-japan-2015131.html


  • 「ゲーム研究に対する研究助成事業のリスト」を公開しました。

    このたび、ゲーム研究関連リストの第2弾として「ゲーム研究に対する助成事業のリスト」をまとめました(随時更新)。別のページにあったものを移動させていただきました。また、リスト作成にあたり、山根信二さん(岡山理科大学)、藤本徹さん(東京大学) に情報をご提供頂きました。

    内容の誤り、追記、削除等につきましては、七邊(natsunokumo2008あっとgmail.com あっとは@に変換)までご連絡をお願い致します。

    ゲーム研究に対する研究助成事業のリスト

    ※第1弾の「日本でゲーム研究を専攻できる大学院・大学リスト」もご参照下さい。