トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ

投稿日:2018年5月6日


2018年9月1日(土)に明治大学 駿河台キャンパスで開催される第7回となる夏季研究発表大会について
下記ページにて情報を公開いたしました。
http://digrajapan.org/?page_id=5536

またあわせて、発表申込も開始いたしました。
発表希望の方は、募集要項 をご確認いただき、発表申込フォームよりお申し込みください。

大会要綱

テーマ:越境するデジタルゲーム研究
開催日:2018年9月1日(土)
会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン 2階A1〜A6会議室
主催:日本デジタルゲーム学会

皆様の参加をお待ちしております!

投稿日:2018年5月21日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター 第109号
2018年 5月 18日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■
◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員・賛助会員の
方々にお送りしております。
レイアウトが崩れている場合、等幅フォントでご覧ください。

今回は、9/1に開催される2018年夏季研究発表大会などのご案内がございます。
また、学会誌の投稿規定について、投稿種別が増えるなど改訂がされています。
ぜひ、ご一読ください。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】2018年夏季研究発表大会は9/1(土)に明治大学 駿河台キャンパスにて
【2】2018年夏季研究発表大会 発表申込受付中 [締切:6/9(土)]
【3】『デジタルゲーム学研究』投稿規定改訂のお知らせ
【4】エンタテインメントコンピューティングシンポジウム (EC2018)
発表者募集 [締切:6/22]
【5】2017年度学会賞は岩谷徹氏に。若手奨励賞、学生大会奨励賞の表彰も
【6】日本デジタルゲーム学会 2017年度年次総会決議について
【7】「日本でゲーム研究を専攻できる大学院・大学リスト」更新
【8】小山友介理事による「ヘルシンキ便り」連載開始
【9】「同人ゲームの潮流──After 10 Years」発表スライドがオンライン公開
【10】CEDEC、DiGRA JAPAN、IGDA日本 三者鼎談
【11】『デジタルゲーム学研究:第8回年次大会特集』投稿募集のお知らせ
【12】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
【13】賛助会員のご案内
【14】広報委員長(代理)のひとごと
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ (さらに…)

投稿日:2018年5月18日


本シンポジウムは,エンタテインメントコンピューティング (EC)のための新技術,ECの新しい可能性,ECと人や社会とのかかわりなどをテーマとする学術会議として2003年より毎年開催され,本年が16回目になります.本年はテーマを『街/スポーツ』として,調布を舞台に開催いたします.調布は都心からやや離れた郊外の街であり,1933年に多摩川撮影所が開設されたことをきっかけに,多数の映画関連企業が集結し,現在では映画のまちとして知られるようになりました.また市内にある東京スタジアム(味の素スタジアム) は,多摩地域のスポーツ振興の拠点としての役割が期待されており,多くの国際的スポーツ大会が開催されています.
エンタテインメントは,多くの人の間で共有されるべき財産です.この思いから,本年は街との連携をテーマの一つに設定し,会議の一部を大学会場ではなく,街の施設で実施することとしました.具体的には,2017年に落成した映画館の大スクリーン(526席)を会場として,一部プログラムを実施します.繰り返しですが,エンタテインメントは,多くの人の間で共有されるべき財産です.より多くの人がエンタテインメントに関わる,プレイする,見る,創る,楽しむ機会が提供されるべきです.スポーツは古くからあるエンタテインメントであり,多くの人を巻き込む力を有しています.くわえて2020年の東京オリンピックを前にして,e-Sportsの台頭,超人スポーツに代表されるスポーツ創造活動活発化など,エンタテインメントの観点からも大きな盛り上がりを見せています.このような社会的状況を鑑み,本年のテーマの一つにスポーツを設定しました.
本年もエンタテインメントコンピューティングの発展に向けて,未来を刺激しうる,様々なEC研究の発表を募集いたします.なお本年はテーマは『街/スポーツ』でありますが,それに限定されるものではありません.皆さまの先進的かつ幅広いEC研究の発表をお待ちしています.

• 開催概要
開催日程:2018年9月13日 (木) – 15日 (土)
開催場所:電気通信大学 (〒182-8585 東京都調布市調布ケ丘1-5-1)
発表申込締切: 6月22日 (金)
原稿提出締切: 7月27日 (金)
Webページ:http://ec2018.entcomp.org/

• 発表種別
口頭発表ロング:6-10ページ原稿 (発表18分,質疑7分が目安) デモ申込み可
口頭発表ノート:3-5ページ原稿 (発表10分,質疑5分が目安) デモ申込み可
デモ発表:2ページ以上の原稿 (口頭発表なし)

• 主催
一般社団法人 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 (SIG-EC)

• 問い合わせ先
ご不明な点は,下記のメールアドレスまでお問い合わせください.

EC2018実行委員会
ec2018 [あっと] entcomp.org

投稿日:2018年5月14日


 日本デジタルゲーム学会編集委員会では、第8回年次大会特集を
企画しております。福岡工業大学で開催された第8回年次大会の発表者の方は
是非、発表予稿を発展させた論文での投稿をご検討ください。
特集論文投稿締切は【2018年8月31日】です。

1)投稿に関する原稿種別・資格・執筆要項などについては
学会ウェブページの投稿規定をご確認下さい。
http://digrajapan.org/?page_id=321

2)研究論文、実践論文、作品論文、ショートペーパー、研究ノート
での投稿については、「査読付き原稿」としての審査を行います。
そのため掲載を保証するものではないことをご了承ください。


学会誌『デジタルゲーム学研究』の投稿規定が改訂されました。
主な改訂項目は次のような点です。

・原稿種別の変更:査読付き原稿の一部名称変更し、
 新たに作品論文のカテゴリーを設けました。
(改訂前)原著論文/実践論文/ショートペーパー/研究ノート
(改訂後)研究論文/実践論文/作品論文/ショートペーパー/研究ノート

・投稿資格の変更:非会員からの投稿について、扱い方を明記し、
 筆頭著者が非会員の場合の掲載料徴収ルールを設定しました。

投稿規定改訂内容の詳細は、下記の投稿規定ページをご参照ください。
http://digrajapan.org/?page_id=321


本サイトに掲載中の「日本でゲーム研究を専攻できる大学院・大学リスト」が更新されました。国内でゲーム研究を専攻できる大学院・大学が新たに追加されています。
http://digrajapan.org/?page_id=1354

投稿日:2018年5月9日


芝浦工業大学の小山友介です。
今年度(正確には3月24日~翌年3月23日)は在外研究(Sabbatical)と言うことで、アールト大学(Aalto University)の訪問研究員(Visiting Researcher)としてフィンランドのヘルシンキに来ています。


写真1 メーデー前日で盛り上がるヘルシンキ大聖堂前(4月30日)

これから何回か、こちらでのゲーム研究状況やゲームシーンをご紹介出来ればと思います。

特に発表などはしていませんが、こちらに来てから、3つのイベントに参加してきました。

4月10日 Helsinki Hub April seminar + gathering (IGDA Finland)
4月12日 Digi and Experience Platform events: Game and Gamification (Aalto Univeristy)
4月24日,25日 The 14th Game Research Lab Spring Seminar

いくつか、興味深かった内容や印象についてお話ししようと思います。 (さらに…)

投稿日:2018年5月1日


本年度の夏季研究発表大会が、9/1(土)に明治大学 駿河台キャンパスで開催されることに決まりました。

CFPは近日中に公開いたします。みなさまの研究の成果の発表をお待ちしております。

投稿日:2018年4月11日


CEDEC、DiGRA JAPAN、IGDA日本 三者鼎談の記事が Inside Games様で公開されました。

https://www.inside-games.jp/article/2018/04/11/113994.html

充実した記事になっていますので、よろしくご覧ください。

2012年の鼎談から二度目の鼎談となります。

https://www.inside-games.jp/article/2018/04/11/113994.html

(広報委員長 三宅)

投稿日:2018年4月5日


本学会の立ち上げに深く関わられ、初期の本学会の立役者の一人であり、

また、2014年の本大会の基調講演もして頂いた、吉田正高教授(東北芸術工科大学)がご逝去されました。

本学会として多大な貢献と知見を頂きましたこと、深く感謝いたします。同時にご追悼申し上げます。

デジタル、アナログ問わずコンテンツに関わる比類のない膨大な知見から、大いに学ぶところがあり、

またこれからも学びたいと思っておりました。個人的にも、12年以上に渡って、お世話になりました。

深く感謝いたします。

ご葬儀告別式はコンテンツ文化史学会サイト

から引用させて頂きますが、以下のようになります。

1.葬儀及び告別式日時    2018年4月8日(日)14時から

2.葬儀(告別式)場所    セレモニーホール霞城 山形県山形市清住町3丁目4−34

3.喪主                             こさささこ様(奥様)

よろしくお願いいたします。

広報委員長 三宅陽一郎

 

« 前へ