トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ

日本デジタルゲーム学会 2016年夏季研究発表大会 発表者募集

日時:2016年8月6日(土)・7日(日)
場所:東京工芸大学 中野キャンパス http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/#nakano
大会テーマ:「デジタルゲーム-10年の軌跡と未来」

本年は、日本デジタルゲーム学会が発足してから10年となります。そこで本年は、8月6日(土)と8月7日(日)に、例年より規模の大きい夏季研究発表大会を開催いたします。

応募種別は、1)口頭発表 2)インタラクティブセッション 3)企画セッションの3種で、希望されるならば、1)口頭発表 と 2)インタラクティブセッション での発表も可能です。

締切は5/31(火)になります。
発表をご希望の方は、下記ページの応募要項をご確認のうえ、ふるってご応募ください。
また、お近くにゲーム研究に興味がある方がいらっしゃいましたら、是非ご案内ください。

応募要項
http://digrajapan.org/?page_id=3246

企画展「GAME ON」特別フォーラム「ゲームをどう残すか~技術と体験のアーカイブ」

ゲームのアーカイブのあり方を公開で議論するイベントが、日本科学未来館で開催中の企画展「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?」の関連イベントとして5/20に開催されます。

上村雅之氏の講演から、ゲームとアーカイブに携わる桶田大介氏、中村伊知哉氏、辻哲朗氏、ルドン・ジョセフ氏、細井浩一氏、柳与志夫氏によるプレゼンテーション、そしてディスカッションが行われます。

現在、Web上で申込受付中です。興味のある方はぜひご参加ください。


 

企画展「GAME ON」特別フォーラム
「ゲームをどう残すか~技術と体験のアーカイブ」

ゲームの保存に携わる方々が会し、 ゲームを未来に引き継ぐために課題とアーカイブについて、参加者と共に議論します。

・日時:5月20日(金)14:00~16:00(受付:13:30~)
・場所:日本科学未来館 7Fイノベーションホール
・主催:日本科学未来館、株式会社角川アスキー総合研究所
・協力:立命館大学ゲーム研究センター
・参加費:無料
・参加方法:事前申込制
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1604141619827.html

※本イベントは、開催中の企画展「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?」の関連イベントです。
企画展「GAME ON」特設サイト
http://gameon.tokyo

日本デジタルゲーム学会2015年度年次総会議事録 承認のお知らせ

先日掲載いたしました、日本デジタルゲーム学会2015年度年次総会議事録について、規約の第34条ならびに第36条に則り、議事録を一か月ホームページにて公開したところ、書面による異議が会員数の3分の1を達しなかったため、これを総会決議と認めることとなりました。

皆様のご協力、ありがとうございました。

 

2015年次総会議事録
http://digrajapan.org/?page_id=3182

芸術科学セミナー【4/13開催】(芸術科学会)

芸術科学会 より

芸術科学セミナー【4/13開催】

芸術科学セミナーの日程が近づきましたので再度ご案内いたします。

日時:4月13日(水) 16:30〜18:30
場所:お茶の水女子大学 共通3号館409号室
講師:佐藤暁子氏(16:30)尾形美幸氏(17:30)

本セミナーは会員の皆様、および会員の指導学生の皆様を優先的にご案内するものです。ここでの「会員の指導学生」とは、ゼミや研究室に限定せず、教員の皆様がご勤務される学部・学科・コース等の教育組織全般を指します。教育機関にお勤めの皆様におかれましては、本セミナーを学生の皆様に広く通知していただけると幸いです。

佐藤暁子氏(東京大学)
「芸術が科学と社会の架け橋になるために」

学術の世界において、研究内容や情報を発信する際、それらに付加価値を与える芸術の力は欠かせません。芸術科学会に所属されるみなさんにとって身近なところでは、論文や研究発表における図表や挿絵が挙げられるかと思います。難しい研究内容もビジュアル化することで直感的にわかりすく人に伝えることができます。本講演では、科学技術をビジュアル化することの重要性と、科学研究者達とアーティストとしての自身の常識の違いや化学反応を、今まで手掛けてきた作品を紹介しながらお話させていただきます。

尾形美幸氏(ボーンデジタル)
「ポートフォリオから見えてくる、専門学校・美術系大学・理工系大学におけるCG映像教育のちがい」

ゲーム会社やCGプロダクションのアーティスト採用では、作品集であるポートフォリオやデモリールが重要視されます。その内容に唯一無二の正解はありませんが、専門学校・美術系大学・理工系大学出身の内定者のそれを比較すると、各教育機関のCG映像教育のちがいが見えてきます。ポートフォリオ制作に取り組むなら、制作を指導するなら、自身が所属する教育機関の強みや特徴を理解したうえで戦略を練る方が得策でしょう。本講演では、2011年から今日にいたるまで、CG映像教育とポートフォリオに関する執筆・取材・講演を行ってきた演者が、自身の見解を受講者の皆様に共有させていただきます。

※ お茶の水女子大学へのアクセスは以下のページをご参照下さい。
http://www.ocha.ac.jp/access/
※ 当日はインターネット接続環境を提供しませんので、必要な方はご自分でモバイル環境をご持参ください。(ただしeduroomは利用可能です。)
※ 会場は附属小学校の関係で警備が非常に厳しくなっております。
ご来場の際には身分証明書のご持参を強くお勧めします。

人狼知能セミナ2016案内 (人狼知能プロジェクトより)

人狼知能プロジェクトより

第2回人狼知能大会に向けて人狼知能セミナを開催いたします。
本セミナは、主に人狼知能エージェント開発を始めて行う方を主な対象とした入門編となっております。

大会参加を検討してところとか、まず何からはじめたらいいのかわからない、とりあえず開発を始めてみたけど、どう作っていけばわからないという方はぜひご参加ください。
なお、開催場所に関してはいずれも仮の場所になっておりますが、大きく変わることはない予定でおります。

2016年05月07日 場所: 大阪、なんば周辺 申し込みサイト
05月15日 場所:東京、国立情報学研究所 申し込みサイト
05月28日 場所:福岡 天神松重ビル 申し込みサイト
06月12日 場所:東京、筑波大学東京キャンパス 申し込みサイト

当日スケジュール:
10:00 – 10:15: 人狼知能とは
10:15 – 11:00: ルール・プロトコル説明とインストール
11:15 – 12:00: サンプルエージェント説明
13:00 – 16:00: エージェント作成
16:00 – 17:30: ゲーム試行

参加者に準備していただくもの
– 開発用に用いるPC
– JDK (Java Development Kit)のインストール (ver 1.6 以上)
– Eclipseのインストール
※ Java 以外を用いる場合には、ご自身でご用意ください

セミナー受講に必要な事前知識
JavaおよびEclipseの基礎知識
人狼ゲームのルール

« 前へ