トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ

投稿日:2016年7月1日


日本デジタルゲーム学会では、2016年8月6日(土)と8月7日(日)に第5回となる夏季研究発表大会を開催いたします。
本年は、日本デジタルゲーム学会が発足してから10年となります。この10年間で、日本のデジタルゲームは規模を年々増してきましたが、日本デジタルゲーム学会も拡大し続けてきました。この勢いに負けないように、本年は、2日開催と100%増の日程で研究発表大会を開催します。

産業・学術においてゲームを対象とした研究に関心を持たれている皆様の積極的な参加と活発な議論をお待ちしております。

◆日時:2016年8月6日(土)・7日(日)
◆場所:東京工芸大学 中野キャンパス http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/#nakano
◆大会テーマ:「デジタルゲーム-10年の軌跡と未来」

◆大会情報ページ   http://digrajapan.org/summer2016/index.html
◆大会プログラム     http://digrajapan.org/summer2016/images/DiGRAJ_summer2016_program.pdf
◆予稿集     

◆参加登録フォーム https://digrajapan.org/?page_id=3475
※懇親会の申込受付は7/31(日)までです。また、参加費の事前登録価格(1000円引)の登録も7/31(日)までです。お早目のご登録をよろしくお願いいたします。

site_image_SNS

投稿日:2016年4月26日


日時:2016年8月6日(土)・7日(日)
場所:東京工芸大学 中野キャンパス http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/#nakano
大会テーマ:「デジタルゲーム-10年の軌跡と未来」

本年は、日本デジタルゲーム学会が発足してから10年となります。そこで本年は、8月6日(土)と8月7日(日)に、例年より規模の大きい夏季研究発表大会を開催いたします。

応募種別は、1)口頭発表 2)インタラクティブセッション 3)企画セッションの3種で、希望されるならば、1)口頭発表 と 2)インタラクティブセッション での発表も可能です。

締切は5/31(火)になります。
発表をご希望の方は、下記ページの応募要項をご確認のうえ、ふるってご応募ください。
また、お近くにゲーム研究に興味がある方がいらっしゃいましたら、是非ご案内ください。

応募要項
http://digrajapan.org/?page_id=3246

投稿日:2016年6月18日


2016年2月7日に、ゲームデザイン討論会 公開ディスカッション「遭遇―ゲームと歴史学」が開催されました。

イベントレポートはこちらですが、

イベント後、高梨俊一先生(日本大学理工学部)がまとめてくださった討論会のテーマについての考察がこちらにございます。

(解説・注:蔵原大(東京電機大学理工学部))

よろしくご覧ください。

 

 

投稿日:2016年6月14日


※黒川塾からのお知らせです。

6月27日(月) 開催決定
エンタテインメントの未来を考える会


【今回のテーマ】
「CG・AI・SNS 多様化する時代の
アニメ・ゲームコンテンツの創り方」 

【お申込み】 http://peatix.com/event/173680/view

 

日本で、テレビアニメーション(※週一回放送))が誕生したのは今から約50年前の1962年のことでした。コンテンツは手塚治虫氏が率いる虫プロダクションが生み出した正義のロボットヒーロー「鉄腕アトム」でした。戦後の混乱から復興する日本にとって「鉄腕アトム」は勇気であり、輝きであり、未来でした。

2000年代を迎え、アニメーションを取り巻く環境は激変しています。従来のセルアニメーションから3DCGアニメーションへ、制作の手法も製作員会からクラウドファンディングまで多様です。ゲームも新しいポータルとして、従来の家庭用ゲームのみならず、パソコンによるネットワーク・ゲーム、スマートフォンなど展開は多岐に渡ります。

それらアニメーション、ゲームのコンテンツのありかたもSNS時代を反映してストーリーや方向性に影響を及ぼすものが現れてきました。また、人工知能技術(AI)の進歩と研究もハイスピードで行われています。群衆シミュレーションの分野では既にさまざまな作品で使用されており、今後はストーリテリングやコンテンツ開発部分でさらにAIの活用が促進されると予想されます。

今回の登壇ゲストは、ウルトラスーパーピクチャーズの平澤直プロデューサー、アニメに造詣の深いゲームAI開発者・三宅陽一郎、アニメ!アニメ!編集長 数土直志をお呼びします。SNS時代に相応しいアニメーション、ゲームなどのコンテンツの在り方と制作トレンドの変化、果てしなき想像力の世界の未来を皆様と共有したいと思います。今回も皆様の積極的なご参加をお待ちしております。


13346674_1097822990291117_391986956774191572_n

本学会の理事の小山友介教授の「日本デジタルgエーム産業史」(人文書院)が、

2016/06/30 に出版されます。

http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b217735.html

 


DiGRAJ_理事会_2016_6_5_minimum

6月5日(日)に、東京工芸大学中野キャンパスで、理事が行われました。新しい体制になって第一回の理事となります。
新学長の、東京工芸大学の岩谷徹教授からは、ゲーム開発で育んだ「おもてなしの精神」をたいせつに、学をより良くして行き、
また学も10周年ということで、ゲーム研究も新しい段階へ入る時期であり、「遊びとは何か?」を深く探究して行きたい、とご挨拶がございました。
« 前へ