投稿日:2015年4月28日


 

DSC09691-001日本デジタルゲーム学会では、2015年8月1日に第4回となる夏季研究発表大会を開催いたします。 本研究発表大会では「ゲームで世の中をシアワセに!」をスローガンとして、既存研究に新たな視野を提示する発表から、新しい研究分野を切り開く意欲的な発表まで、 幅広い分野での研究発表を対象としています。 産業・学術においてゲームを対象とした研究に関心を持たれている皆様の積極的な参加と活発な議論をお待ちしております。

 

 

大会要綱

○開催日:2015年8月1日(土)

○会場:日本大学 生産工学部 津田沼キャンパス アクセス・会場案内図

○スケジュール(7/29更新): 

○予稿集(7/31更新、約12Mbyte): 

※予稿集について、7/31に修正をいたしました。7/30にダウンロードされた方は、お手数ですがあらためてのダウンロードをお願いいたします。

○発表動画(Youtube DiGRAJAPAN CHANNEL) https://www.youtube.com/playlist?list=PLsKFioSxwiJMkrvIndabg31Q3GMrDR0tP

 

加申込

事前申込をされていない方も、当日会場にお越しいただければ参加が可能です。

(事前申込は7月28日(火)に締め切りました。)

会員資格 参加費 備考
学生会員 無料 ※要事前参加申込
学生非会員 ¥1,000
一般会員 ¥2,000 ※要事前参加申込
一般非会員 ¥3,000

 

○懇親会費  ¥3,500 (開催校内での開催です ※申込は7/28に締切ました)

○昼食(学食チケット) ¥500 (当日、数種類の定食から選択する形式になります)

投稿規定

発表ご希望の方は、以下をご確認の上お申し込みください。

○発表形式
(1)口頭発表
(2)インタラクティブセッション
(3)企画セッションの3スタイル

(1) 口頭発表
口頭発表は、テーマごとに3~4件の発表をまとめて60分~90分程度のセッションを設定します。
各自の持ち時間は、質疑応答を含め20分(発表15分、質疑応答5分)です。

(2)インタラクティブセッション
インタラクティブセッションは、発表者が自身のポスターやデモ機の前で説明を行う形式です。
実機デモを用いての報告をしたい方、あるいは議論を深めたい方はこちらの形式の発表もご検討ください。

(3)企画セッション
企画セッションとは、あるテーマを設定し、1名のセッション代表者と複数名の発表者をとりまとめて応募するという形式での公募です。

○申込方法 [締切:6月19日(金)]
本投稿規定をご確認の上、https://digrajapan.org/?page_id=2177 の発表申込フォームよりお申込みください。
発表申込は締切ました。(6/21)

※応募にあたり、予稿共著者のうち1名以上が日本デジタルゲーム学会会員である必要がございます。
現時点で共同発表者(共著者)に会員がいない場合、予稿提出締切の7月17日(金)までに入会手続きをしてください。

○採否について
実行委員会での審査の後、6月末までに採否の連絡をさせて頂きます。

○予稿について
発表が採択された方は、7月17日(金)までに4ページ以内の予稿集向け論文ファイルをWord形式で実行委員会まで送ってください。(予稿集フォーマットは採択ご連絡時にメールにてお送りします)
締切までに予稿の提出がない場合、発表はできません。予めご承知おきください。

夏季研究発表大会 学生大会奨励賞

学生会員を第一著者とする投稿のうち、特に優れていると認められた研究に対し、審査の上「日本デジタルゲーム学会 夏季研究発表大会 学生大会奨励賞」を授与いたします。
予稿提出時に代表発表者が日本デジタルゲーム学会の学生会員である発表のみが審査の対象となります。
・口頭発表、インタラクティブセッションとも審査対象になります。

諸注意

○夏季研究発表大会では発表を広く世に伝えるための手段の一つとして、予稿集をwebサイト上で公開することといたします。

○口頭発表は、皆さまの関心に沿ったテーマにて、いくつかの口頭発表を1つのセッションにまとめさせていただきます。一人の枠の目安は15分+質疑応答5分を予定しています。

○夏季研究発表大会では発表内容につきまして、遠距離の方の利便性を鑑みまして USTREAMを通じた配信を行い、メディアによる取材・発表を受け入れる予定です。 あらかじめご了承ください。

○お問い合わせは、夏季研究発表大会実行委員 summer2015 [あっと] digrajapan.org までお願いいたします。