投稿日:2006年7月14日/ 更新日:2013年3月27日


財団法人ニューテクノロジー振興財団「ゲームの処方箋」研究成果発表記念シンポジウムのお知らせ(7月14日)

開始時間 13時00分

来る7月14日に、財団法人ニューテクノロジー振興財団主催・日本デジタルゲーム学会後援にて、TVゲームの効能に関する研究成果発表記念シンポジウムが以下のとおり開催されます。
本学会会長の馬場章氏が第二部のパネルディスカッションに登壇いたします。
入場無料(要申込)となっておりますので、奮ってご参加ください。

期日:2006年7月14日(金) 13:00〜17:00 ( 開場12:30 )
場所:秋葉原UDXビル 4F 「アキバ3Dシアター」
参加申し込み:http://www.robomedia.org/sympo/

■第一部:13:00〜14:35
研究成果報告

報告者[五十音順]:
河合 隆史(早稲田大学大学院国際情報通信研究科助教授)
宮尾 益知(国立成育医療センター発達心理科医長)
渡邊 克巳(東京大学先端科学技術研究センター助教授)

■第二部:14:50〜17:00
パネルディスカッション『ゲームの処方箋〜人とゲームの新しい関係〜』

パネリスト[五十音順]:
河合 隆史(早稲田大学大学院国際情報通信研究科助教授)
小糸 正樹(経済産業省文化情報関連産業課課長)
二瓶 健次(東京西徳洲会病院小児難病センター神経・発達科)
馬場 章 (東京大学大学院情報学環教授/日本デジタルゲーム学会会長)
山下 柚実(ノンフィクション作家/五感生活研究所代表)

モデレーター:
坂井 滋和(早稲田大学大学院教授/こどもメディア研究所所長)