投稿日:2019年11月6日/ 更新日:2019年11月6日


日本デジタルゲーム学会ゲーム教育研究部会では、第8回シリアスゲームジャム(SGJ8)を2019年12月8日(日)、14日(土)、15日(日)の3日間、東京都立川市の(株)ビサイドで開催します。
ゲーム開発を学ぶ学生に加えて、プロのゲーム開発者及びゲーム開発に興味のある社会人が集まり、チームを組んでシリアスゲームを制作するイベントです。

開催詳細→ http://www.mediadesignlabs.org/SGJ8/

SGJ8のテーマは「みんなのアクセシビリティ(3)」
障がい者や高齢者と健常者間のバリアについて理解を深め、同じ土俵で競うことができるデジタルゲームを制作します。

<<日時>>
2019年12月8日(日)13:00〜18:00 -テーマ説明、チーム編成-
2019年12月14日(土)9:00〜、15日(日)18:00 -制作、発表会等-

<<場所>>
(株)ビサイド 〒190-0012 東京都立川市曙町2-4-3 TISビル2F

参加申込み(期限: 12月2日(月)17:00日本時間)
メディア等取材申し込み(別途日時等を調整させていただきます)

<<参加費>>
・日本デジタルゲーム学会の会員または海外からの参加者は無料
・その他参加者は、2,000円分の飲み物と菓子類を持参のこと
(3日に分けて、ご自分の分も含めてご持参下さい。皆でシェアします)

<<主催>>
日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)ゲーム教育研究部会

<<SGJ8実行委員会>>
実行委員長:粟飯原萌(委員長)
副実行委員長:日本大学 生産工学部 古市昌一(副委員長)
実行委員
岸本好弘 遊びと学び研究所
田中栄一 国立病院機構八雲病院 作業療法士
三田村勉 TANOTECH(株)社長 他