投稿日:2013年3月14日


■投稿規定(デジタルゲーム学研究)

1.原稿種別
本学会誌に投稿する原稿は、デジタルゲームに関する学術的な研究論文、開発に関する実践論文、書評、参加記等であり、その種類と枚数は以下の通りとする。いずれも未発表のものとする。

(1)原著論文
デジタルゲームに関係のある学術的な研究成果、新しい試み・方法やその成果を明確に記述したもの。新規性・信頼性が認められ、ゲーム研究・開発の発展に役立つものや将来の方向性を示すもの。印刷仕上がり12ページ以内。

(2)実践論文
デジタルゲームの開発に関する実践的な研究成果で、開発実践の新しい試み・方法やその成果を明確に記述したもので、ゲーム開発・研究の発展に役立つものや将来の方向性を示すもの。印刷仕上がり12ページ以内。

(3)ショートペーパー
デジタルゲームに関する学術的・実践的な研究成果、新しい試み・方法やその結果、意見、提案、討論等を記述したもの。6ページ以内。

(4)研究ノート
デジタルゲームに関する学術的・実践的な研究成果を含み、研究動向の展望や資料紹介等を記述したもの。原則として6ページ。

(5)書評
デジタルゲームに関係のある図書の書評。2ページ。

(6)産業界からの声
デジタルゲームの産業界の現状の紹介・解説、産業界からの社会に対する主張。4ページ以内。

(7)参加記
デジタルゲームに関する学会、国際会議、シンポジウム等の参加記。4ページ以内。

原著論文、実践論文、ショートペーパー、研究ノートについては、「査読付き原稿」としての審査を行う。また、ショートペーパーとして掲載されたものを一層充実させたものについては、原著論文あるいは実践論文に改めて投稿することができる。

2.投稿の資格
投稿することができるのは、本会の会員(正会員・学生会員)とする。共著の場合は第一著者は会員でなければならない。ただし、編集委員会による依頼原稿の場合は別とする。

3.執筆要項
執筆要項の詳細に関しては以下のweb ページを参照のこと。
執筆要項(Word)
執筆要項(PDF)

4.投稿原稿の取り扱い
(1)投稿者は、原稿種別を指定して投稿する。

(2)投稿原稿の審査は本学会の編集委員会が行い、掲載の可否を決定する。

(3)原著論文、実践論文、ショートペーパー、研究ノートに関しては担当編集委員、査読委員の審査に基づき、編集委員会で次のいずれかに取り扱いを決定する。

A.採録:文字修正など細かい修正投稿原稿のまま掲載
B.条件付採録(軽微な修正):掲載に必要な要件を満たさない部分を指摘し、修正要件を満たした場合にのみ掲載(修正稿が修正要件を満たしているかどうかの判断を主査に一任して差し支えないレベルの修正)
C.条件付採録(大幅な修正):掲載に必要な要件を満たさない部分を指摘し、修正要件を満たした場合にのみ掲載(修正稿が修正要件を満たしているかどうかの判断を査読者自身が再査読して判断する必要のあるレベルの修正)
D.返戻:掲載水準に至らないか掲載要件を満たしていない論文として、掲載せず著者に戻す

5.著作権
(1)本学会誌に掲載された論文の著作権は日本デジタルゲーム学会に帰属する。

(2)採録後の掲載原稿について、著者自身による学術教育目的等での利用(著者自身による編集著作物への転載、掲載、WWW による送信、複写しての配布、外国語への翻訳等)を、学会は無条件で許諾する。著者は学会に許諾申請をする必要がない。

6.投稿方法
(1)投稿は、本学会Webサイトの投稿フォームより受け付ける。
 論文投稿フォーム:
 http://digrajapan.org/?page_id=1619
 投稿に関する問合せ先メールアドレス:
 editor ( at ) digrajapan.org

7.著者贈呈・抜き刷り
(1)原稿著者には、『デジタルゲーム学研究』を1 件につき1 部贈呈する。

(2)原著論文、実践論文、ショートペーパーが掲載された場合、著者は抜き刷りを実費相当額で購入できる。詳細については、別途連絡する。