投稿日:2013年9月29日/ 更新日:2013年9月29日


中山隼雄科学技術文化財団の平成25年度調査研究・助成研究が募集されています。

調査研究は、「ゲームの面白さや手法を使って、様々な社会的課題をみんなでゲームを楽しみながら協力して解決していけるような、新しいゲームの創生」を目的として、「ユニバーサル・デシジョンメイキング(ゲーミフィケーションの手法を利用し、みんなが参加して公共的な意思決定をするシステムの研究)」と「過剰利便性の副作用として退化する対応能力の回復法又はその対策としてのゲーム的手法の提案」の二つの研究課題が設定されています。研究期間は1年または2年で、総額1000万円以下の研究費が提供されます。

助成研究は、3種類の課題が設定されており、助成研究A「ゲームの分野の研究に対する助成」(1件当たり500万円以内)は、重点研究「学習・教育支援系のシリアスゲーム&ゲーミフィケーション」、基礎的・基盤的研究「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」、「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」が設定されています。助成研究B「「人間と遊び」に関する研究に対する助成」(1件当たり100万円以内)は、「遊びの本質及び影響に関する研究」、「遊びの社会的諸活動への応用に関する研究」及び「助成研究A又はBのいずれの課題にも属さない『人間と遊び』の研究」が設定されています。国際交流助成として「ゲームに関する国際会議の開催に対する助成」(総額140万円以内)が対象となっています。

今年度からオンラインで応募を受け付けており、締め切りはいずれも10月19日です。
詳細は下記財団の募集ページをご参照ください。

中山隼雄科学技術文化財団:平成25年度調査研究の募集要項
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-sp_research01.html

中山隼雄科学技術文化財団:平成25年度助成研究の募集要項
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-grant01.html