投稿日:2019年4月6日/ 更新日:2019年4月6日


立命館大学ゲーム研究センターではアルバータ大学と共同で立ち上げたビデオゲームの国際学会Replaying Japanのジャーナルを発刊していますが、このたびReplaying Japan vol 1が刊行されました。
http://www.rcgs.jp/2019/04/replaying-japan-vol-1.html にて、それぞれの記事のPDFファイルをダウンロードいただけます。

招聘論文

  • ・Newman, James. “Slower, Squashed and Six Months Late : Japanese Videogames in the UK, 1991-2019.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)
  • ・Pelletier-Gagnon, Jérémie. “Players, Cabinets, and the Space In-Between : Case Studies of Non-Ludic Negotiation of Video Game Cabinet Spaces in Japanese Game Centers.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)
  • ・Okabe, Tsugumi. “Global Partners against Crime : Rewriting Sherlock Holmes and Watson in Japanese Video Games.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)

原著論文

  • ・Ramírez-Moreno, Carlos. “Hyperculturality, Globalization and Cultural Representation in Japanese Survival Horror.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)
  • ・Kamm, Björn-Ole. “Adapting Live-Action Role-Play in Japan : How ‘German’ Roots Do Not Destine ‘Japanese’ Routes.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)
  • ・梁宇熹. “ジャーナリズムの視点から見たゲーム機の流行 『週刊ファミ通』における作品評価についての考察” 1 (2019)
  • ・Shin, Juhyung. “韓国ボードゲーム文化の形成と変遷.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)
  • ・藤原正仁. “ゲーム開発者のキャリア中期から後期の発達と課題.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)
  • ・毛利仁美, 福田一史, and 細井浩一. “主題付与方針の提案に向けたビデオゲームの利用者要求に関する研究 : 質問応答サイトの計量テキスト分析.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)

研究ノート

  • ・斎藤進也, 福田一史, and 飯田和敏. “データ閲覧支援のためのターンテーブル型UIの開発 : 「ゲーミングビジュアライゼーション」の観点から.” REPLAYING JAPAN 1 (2019)