投稿日:2018年11月13日/ 更新日:2018年11月13日


この度、一般社団法人コラボ産学官は日本大学との共催で第2回シンポジウム「e-sportsは日本を変える!?」を開催いたします。

第1回のシンポジウムは本年6月25日に電気通信大学で行われ、200名の参加を頂き、好評を得ましたが、その場で声の上がった新たな要望に対して応える形で、第2回のシンポジウムは企画されております。

来年開催されます茨城国体において、e-sportsが国体文化プログラム競技として取り上げられますが、その趣旨を茨城県国体・障害者スポーツ大会局様よりご講演頂きます。

また、パネルディスカッションでは「e-sportsを新産業として開花させるには」と題して、e-sportsが事業としてどのような将来の可能性を持つのかを4つの切り口から展望して参ります。

つきましては、下記のとおりシンポジウムを開催いたしますので、ご案内申し上げます。

 

第2回シンポジウム「e-sportsは日本を変える!?

 

日 時:2018年11月26日(月)13:00-19:00

場 所:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館6階 CSTホール(東京都千代田区神田駿河台1-8-14)

プログラム:

13:00~13:05 開会挨拶

13:05~13:30  基調講演1:経済産業省 商務情報政策局 コンテンツ産業課 課長補佐(産業戦略)

吉丸尚宏 氏

「コンテンツ産業の現状と未来 ~eスポーツの発展に向けて~」

13:30~14:30  基調講演2:茨城県国体・障害者スポーツ大会局総務企画課 参事兼課長

西野浩二 氏

eスポーツで茨城の魅力を発信!

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2018 IBARAKI」の開催に向けて

14:30~14:50 学生によるプレゼンテーション~e-sportsの基礎知識、ジャンルの紹介など~

(休憩 10分間)

15:00~17:00  パネルディスカッション(討論会)

テーマ:「e-sportsを新産業として開花させるには」

モデレーター:日本大学生産工学部 数理情報工学科 教授 古市昌一 氏

アシスタント:ポノス所属esportsキャスター          トンピ?  氏

パネリスト4名

・国立病院機構八雲病院 作業療法士           田中栄一 氏

・合同会社DMM GAMES                 山下航平 氏

・株式会社JTBコミュニケーションデザイン

・日本大学文理学部 情報科学科 准教授         宮田章裕 氏

コメンテーター2名

・株式会社SQOOL代表取締役          加藤賢治 氏(ゲームジャーナリスト)

・日大e-sportsサークル代表                 amahuku  氏

17:00-17:30  質疑応答およびアンケート記入

17:30-19:00  交流会(同会場)

 

【本件に関するお問合せ先】

一般社団法人コラボ産学官

事務局 [担当:工藤、杉原] Tel:03-6265-4861  E-mail: jimu@collabosgk.com