投稿日:2008年10月31日/ 更新日:2013年3月27日


同人ゲームの潮流②
〜「ひぐらし/うみねこのなく頃に」に見るコンテンツとコミュニティ〜
(DigraJ公開講座08年10月期)

2008年10月24日(金) 14:00 受付終了
2008年10月31日(金) 06:00 受付終了

開始時間 18時00分
定員数 350人

本講座は「同人ゲームの潮流」シリーズの第2回である。第1回では、社会的な注目を集めている、わが国の同人ゲームの過去・現在・未来について導入的な解説が行われた。これを受け第2回の今回は、近年社会的なブームを巻き起こした同人ゲームの開発者をお招きし、わが国の同人ゲームの潮流の深奥に迫っていく。

「ひぐらしのなく頃に」——昭和50年代の架空の村を舞台として起こる、連続怪死事件を題材としたこのノベルゲームは、2004年の夏頃から、事件の謎を推理する巨大なファンコミュニティをネット上に誕生させ、同人ゲームとしては異例の売り上げを記録した。さらに、家庭用ゲーム(PS2、DS、PSP)・マンガ・アニメ・小説・実写映画にメディア展開されるなど、同人ゲームの枠を超えたムーブメントを形成している。

今回の講演では、「ひぐらしのなく頃に」及びその次回作である「うみねこのなく頃に」を制作した2人の開発者、竜騎士07氏と、BT氏にお越しいただき、「ひぐらし/うみねこ」、そしてそれが巻き起こしたムーブメント、コミュニティなどについて、討論者が用意した質問、及び事前に参加者から募ったさまざまな質問を投げかけていく。第1回同様、同人ゲームに関心を持つ方々にご参加をいただければ幸いである。

※今回の講演は、「ひぐらし」「うみねこ」をご存じでない方にもわかりやすい内容を心がけますが、以下の体験版をプレイされてから参加されることをお薦めします。
http://07th-expansion.net/taiken.htm (PC版、07th Expansion)
http://higu.biz/kizuna1/taiken.html (DS版、アルケミスト)

※参加者の皆様から講師の方への質問を募集します。
申し込みフォームの最下段でご記入ください。

<概要>
講師
竜騎士07(07th Expansion、シナリオ、グラフィック)
BT(07th Expansion、HP管理運営、スクリプト)
(#)07th Expansion http://07th-expansion.net

討論者(質問者)
有馬啓太郎(マンガ家、同人サークル「日本ワルワル同盟」主宰。代表作『月詠』)
高橋直樹 (汎用ゲームエンジン「NScripter」制作者)
七邊信重(東京大学大学院情報学環 特任助教)
三宅陽一郎(ゲーム開発者、DiGRA JAPAN研究委員)

司会
井上明人(国際大学GLOCOM 研究員/助教)

開催日時
2008年10月31日(金) 18:00開始 20:30終了
※受付開始時間は17:30です。混雑が予想されますので、お早めにご来場ください。

申し込み締切日
2008年10月24日(金) 14:00 受付終了
2008年10月31日(金) 06:00 受付終了
(締切日前に定員に達した場合、その時点で受付を締め切らせて頂きます)
参加申し込みの締切日が前回までより早くなっています。
受付の都合により、参加申し込みの締切日が公開講座当日の朝までに延長になりました。皆様のご参加をお待ちしております

場所
東京大学本郷キャンパス 武田先端知ビル武田ホール(5階)
(地図)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
※会場が普段の会場と異なります。事前に地図をご確認ください。

定員
350名(予約が定員に達した場合、当日参加受付はありません)

参加費
日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員:無料
日本デジタルゲーム学会賛助会員:無料(代表者3名まで)
非会員:3,000円 (当日、受付でお支払いください)
※総会決議により非会員の公開講座参加費は3,000円となります。
前回までと参加費が異なりますのでご注意ください。
※非会員の方も、当日学会に入会されれば参加費が無料となります。
(ただし年会費が必要です。正会員10,000円/学生会員2,000円)。
会員特典等については下記をご参照ください。
http://www.digrajapan.org/modules/tinyd2/index.php?id=3

※領収書の宛名が参加登録者名義と異なる場合は、必ず下の申し込みフォームにご入力ください。入力がない場合、登録された氏名で領収書が発行されます。当日の領収書発行には応じられない可能性がありますので、よろしくお願いいたします。

※メディア取材につきましては、掲載前に記事の校正と確認を行わせていただきます。予めご了承ください。取材を希望される方は、事前にinfo[at]digrajapan.orgまでお知らせください。([at]を@に変換)