投稿日:2007年3月30日/ 更新日:2013年3月27日


第6回月例研究会の概要が決定いたしましたので、お知らせいたし
ます。

日時:2007年 3月30日(金)
19:00開始 21:00終了
場所:東京大学本郷キャンパス 工学部新2号館9階 92B教室
(地図)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_18_j.html
定員:120名

講演者:
坂元章氏
(お茶の水女子大学 文教育学部 教授/日本デジタルゲーム学会 理事)

タイトル:
「ゲームと人との関係
−これからのゲームに対する開発者・研究者のあり方について−」
講演内容:
『XBOX360』、『PS3』、『Wii』という、いわゆるゲームの次世代機
と呼ばれる3つのゲームハードが出揃い、ゲームの表現能力は大幅に
向上しました。それは、表現能力の向上だけではなく、新たなハード
の特徴を活かした、新たな遊びの形も生んでいます。
それと同時に、ネットワークゲームの進化など、新たなゲームの形
も生まれつつあります。例えば、『Second Life』などは、今までのゲ
ームとは全く異なった遊びの形であり、社会的な注目も少なくありま
せん。
当然、これらのゲームの変化は、ゲームが人々に与える影響にも変
化をもたらしていると考えられるでしょう。そこで第7回月例会では
ゲームを含むメディアの心理的な影響研究の第一人者である坂元教授
を講演者に迎え、これまでの知見を踏まえて、ゲームが人々に与える
影響と、これからのゲームに対して開発者・研究者がどのように携わ
っていくべきかについてご講演いただく予定です。

なお、正会員・学生会員・賛助会員(一口あたり代表者3名まで)
の方は無料となりますが、準会員・非会員の方は1,000円の参加
費が必要となります。

開始時間 19時00分
定員数 60人