投稿日:2006年6月30日/ 更新日:2013年3月27日


日本デジタルゲーム学会 第1回月例研究会

開始時間 18時00分
定員数 120人

第1回月例研究会の概要が決定いたしましたので、お知らせいたします。

日時:2006年 6月30日(金) 18:00開始
場所:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館 9階 92B
発表者:伊藤憲二(東京大学講師)
発表タイトル:ゲーム研究の方法と意義についての序説
発表概要:
ゲームを学術的に研究する団体として、日本デジタルゲーム学会が設立されたが、ゲームを学術的に研究するということがどのようなことであり、どのような意義を持つのかについては、依然として、誤解や混乱が少なくない。
今回の研究会では、それらの点について討論し、意見を交換したい。
発表者は、海外の研究をいくつか紹介しながら、ゲーム研究の方法について考察し、それがどのような意義を持ちうるについて論じる。最後に、日本において、どのような方向でゲーム研究が進められるかについての提案を行なう。

なお、正会員・学生会員の方は無料となりますが、準会員・非会員の方は1,000円の参加費が必要となります。
当日、受付にて本会への入会のお申し込みもお受けいたします。