投稿日:2017年10月22日


 

■学会誌2017 Vol.9 No.2 発行のご案内
日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)では、学会誌『デジタルゲーム学研究』の第9巻第2号を以下のとおり発行いたしました。本学会誌は会員各位に送付させていただきました。

目  次
【投稿論文】

<原著論文>
・デジタルゲームのレーティングシステムの変換と課題-CERO、PEGI、IARCの比較-
藤原正仁

・ARCS改良動機付けモデルの提案及びシリアスゲーム型学習用教材構築方への応用
粟飯原萌・杉本浩司・古市昌一

<実践論文>
・ゲーミフィケーションの要素と取り入れた小学校1年生向け電子教材の実践と評価
福山佑樹・床鍋佳枝・森田裕介

【参加記】
・『バラデューク』30周年トークイベントによる、開発者自身が主体となった、オーラルヒストリーの収集・保存の試み
鴫原盛之

・ゲームの可能性を体験するイベント『静岡ゲームEXPO(エキスポ)』を企画・運営して
浅沼頼・熊井恵梨・ジョナサン・ディハーン

【寄稿】
・シリアスゲームジャム開催の歩み-第1回から第5回シリアスゲームジャムまで-
岸本好弘・古市昌一・三上浩司・小野憲司・粟飯原萌

【エラータ】
(記事訂正)
・影響速度を要求するデジタルゲームが感情経験に与える影響
木村知宏

【投稿規程・執筆要領】
【編集後記】