投稿日:2017年9月20日


本学会が共催する下記のイベントが、デジタルハリウッド大学大学院で開催されます。
ご関心がありましたら、是非ご参加ください。


人はなぜゲームの中に「社会」を求めるのか?
―カヤック『ぼくらの甲子園!ポケット』のゲームデザイン―

<内容>
プレイヤー間の競争や協力がゲームプレイの大部分を占める「ソーシャルゲーム」の隆盛後、日本のモバイルゲーム市場では、『パズル&ドラゴンズ』や『Fate/Grand Order』のように、他プレイヤーとの交流要素が比較的少なく、一人プレイでも大きな達成感を得られるゲームが人気を集めるようになっています。

しかし一方で、強力なボスキャラクターに対して複数人で戦う「レイドバトル」に見られるように、他プレイヤーとの交流は、ゲームの楽しさの源泉となりうるものです。今回の研究会では、15人対15人で同じ時間に集まってプレイするという、きわめて社会的な野球ゲーム『ぼくらの甲子園!ポケット』を開発・運営している面白法人カヤックの綿引氏に、ゲームデザインについて語って頂きます。また、一人で時間や空間を選ばすに遊べるゲームが市場を席巻する中で、『ぼくらの甲子園!ポケット』のような社会的要素の強いゲームがなぜ人気を維持しているかについて、ゲーム研究者とメディア研究者のお二人を交えて議論いたします。

<概要>
■日時: 2017年10月13日(金) 19:30~21:00

■プログラム:
19:30~19:35 デジタルハリウッド大学大学院ご紹介

19:35~19:40 趣旨説明
七邊信重(デジタルハリウッド大学大学院)

19:40~20:10 「友情体験を生み出すゲームつくり 〜『ぼくらの甲子園!ポケット』のゲームデザイン〜」
綿引啓太氏(カヤック)

20:10~20:40 パネルディスカッション
綿引啓太氏(カヤック)
小山友介氏(芝浦工業大学)
田中絵麻氏(早稲田大学総合研究機構デジタル・ソサエティ研究所)
七邊信重(司会)

20:40~21:00 質疑応答

■会場: デジタルハリウッド大学大学院 駿河台ホール
■住所: 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F http://gs.dhw.ac.jp/utility/access/
■費用: 無料
■定員: 50名
■主催: デジタルハリウッド大学大学院コンテンツビジネス分析ラボ
■共催: 日本デジタルゲーム学会