投稿日:2017年5月8日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

日本デジタルゲーム学会 ニューズレター  第99号
2017年 5月 2日

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員・賛助会員
の方々にお送りしております。レイアウトが崩れている場合、等幅フォントで
ご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【0】日本デジタルゲーム学会 HPに改善
【1】2017年夏季研究発表大会[9/2 専修大学 生田キャンパス]
【2】2017年夏季研究発表大会 発表者募集
【3】平成29年度マルチメディア振興センター情報通信月間講演会(第28回)
のご案内【5月24日(水)】
【4】『デジタルゲーム学研究:2016年次大会特集』投稿募集のお知らせ
【5】日本デジタルゲーム学会 2016年度年次総会報告
【6】日本デジタルゲーム学会 2016年度学会賞
および2016年度年次総会学生発表奨励賞 受賞者の発表
【7】Replaying Japan 2017に元セガアメリカのCEOトーマス・J・カリンスキー氏が登壇
【8】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
【9】賛助会員のご案内
【10】広報委員長の一言
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
学会facebook: https://www.facebook.com/digrajapan
学会twitter: https://twitter.com/digra_japan
学会youtube: https://www.youtube.com/digrajapan
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

DiGRA JAPAN ENGLISH SITE OPEN !   http://digrajapan.org/?cat=38

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【0】日本デジタルゲーム学会 HPに改善
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本デジタルゲーム学会では,ENGLISHページを設けております.
昨年度末から「About DiGRA JAPAN」の欄を作成し,海外の方にDiGRA JAPANを紹介
する際にご利用いただけるよう改善しました.
また,学会活動やSIG活動等についても随時英語記事を掲載してまいります.

http://digrajapan.org/?cat=38

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】2017年夏季研究発表大会[9/2 専修大学 生田キャンパス]
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本デジタルゲーム学会は、2017年9月2日(土)に第6回となる夏季研究発表大会を開催いたします。

本研究発表大会では「デジタルゲーム研究の深化」を共通テーマとして、1セッションあたりの時間をこれまでよりも十分にとり、研究と議論が深まる場を目指します。また、新たに、PV(Promotion Video)セッションを設け、3分程度の映像で、研究や作品の発表・紹介などを行っていただけます。デジタルゲーム研究や開発、ビジネスなどに携わるさまざまな方々に参加いただき、交流も深まる場を目指します。

テーマ:デジタルゲーム研究の深化
開催日:2017年9月2日(土)
会場:専修大学 生田キャンパス 10号館 1階
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#ikuta

大会告知ページ:http://digrajapan.org/?page_id=4275

参加申込ページは6月ごろの公開を予定しております。
皆様の参加をお待ちしております。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【2】2017年夏季研究発表大会 発表者募集
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
上記の通り9/2に夏季研究発表大会を開催するにあたり、発表者を募集いたします。
今回はテーマ「デジタルゲーム研究の深化」を実現するため、発表形式にいくつかの変更があります。
・口頭発表の時間が1発表あたり25分程度(質疑応答を含む)になります。
・PV(Promotion Video)セッションを新たに設置。3分程度の映像で、研究や作品の発表・紹介などを行っていただけます。

発表希望者は下記Webページより、必要事項を記載の上お申し込みください。
申し込みの締め切りは、2017年6月3日(土)23:59 になります。
http://digrajapan.org/?page_id=4301

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【3】平成29年度マルチメディア振興センター情報通信月間講演会(第28回)
のご案内【5月24日(水)】
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

5月24日(水)、品川プリンスホテルにて、「人とAIの調和が開く未来ビジョ
ン」をテーマにした、平成29年度マルチメディア振興センター情報通信月間講
演会(第28回)が開催されます。

本講演会に、本学会の三宅陽一郎氏(理事・広報委員長)と、七邊信重氏(広
報・編集委員)が登壇します。三宅氏はAIとエンタテイメント、七邊氏はフィ
ンランドのプログラミング教育について講演の予定です。宜しければご参加下
さい。
http://www.fmmc.or.jp/
http://www.fmmc.or.jp/pdf/news/FMMC28kouenkai.pdf

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【4】『デジタルゲーム学研究:2016年次大会特集』投稿募集のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会編集委員会では、2016年次大会特集を
企画しております。名城大学で開催された2016年次大会の発表者の方は
是非、発表予稿を発展させた論文での投稿をご検討ください。
特集論文投稿締切は【2017年8月31日】です。

1)投稿に関する原稿種別・資格・執筆要項などについては
学会ウェブページの投稿規定をご確認下さい。
http://digrajapan.org/?page_id=321

2)原著論文、実践論文、ショートペーパー、研究ノートでの投稿に
ついては、「査読付き原稿」としての審査を行います。そのため掲載を
保証するものではないことをご了承ください。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【5】日本デジタルゲーム学会 2016年度年次総会報告
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本デジタルゲーム学会 2016年度年次総会が、2016年3月12日(日)に星城大学にて開催されました。
総会開催時の有効会員総数は256名でした。本総会の参加者と議決委任の合計が140名と有効会員数の2分の1を越えたため、総会は成立となりました。

下記のページにて、総会の議事録および資料を公開しております。
http://digrajapan.org/?page_id=4314

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【6】日本デジタルゲーム学会 2016年度学会賞
および2016年度年次大会 学生発表奨励賞 受賞者の発表
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
2016年3月12日(日)、年次総会での決議を踏まえ、下記の通り2016年度の学会賞
が発表、授賞式が行われました。
また合わせて、2016年度年次大会 学生発表奨励賞の受賞者の発表、表彰も行わ
れました。

〇2016年度日本デジタルゲーム学会 学会賞
該当者なし

〇2016年度日本デジタルゲーム学会 若手奨励賞
一小路武安 氏
鎌倉哲史 氏

〇2016年度年次大会 学生発表奨励賞
新井 恒陽 氏

受賞理由等は下記ページにて公開しております。
http://digrajapan.org/?page_id=4308

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【7】Replaying Japan 2017に元セガアメリカのCEOトーマス・J・カリンスキー氏が登壇
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本デジタルゲーム学会が共催している日本のゲームに関する国際カンファレンス、
Replaying Japan2017の基調講演への登壇者が決定しました。ひとりは元セガ・オブ・アメリカ
CEOのトーマス・J・カリンスキー氏、もう一方はデルウェア大学ジャパニーズ・スタディーズ
のレイチェル・ハッチンソン准教授です。トーマス・J・カリンスキー氏は、在任中、
セガメガドライブをSega Genesisとして北米で展開させ、同社の市場価値を20億ドルから
50億ドルへと引き上げたことで知られています。一方、レイチェル・ハッチソン准教授は
日本文化とポップカルチャーの関係性について長きにわたって研究してきました。日本の
ゲーム・スタディーズに関する数多くの論文を執筆しているのに加え、「Introducing Japanese
Pop Culture」を執筆しており、近刊に「Japanese Culture Through Videogames」が控えて
います。
Replaying Japan 2017は8月21日~23日まで米国ニューヨーク州ロチェスターのストロング
ミュージアム・オブ・プレイにて開催されます。同イベントの最新情報は以下の
公式ホームページから確認できます。
http://replaying.jp/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【8】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会編集委員会では、会員の皆様からの自由投稿原稿を
募集しております。投稿は随時可能です。特に産業界の方からの積極的なご投
稿を心よりお待ちしております。

原稿種別は、論文(原著論文、実践論文、ショートペーパー)と記事があり
ます。論文については、いわゆる「査読付き論文」としての審査を行います。
査読の結果、採択された論文は順次掲載可能な号に掲載いたします。

記事については、会員の皆様からの幅広いテーマでの寄稿を募集しています。
ご投稿いただければ閲読ののち、こちらも順次直近の掲載可能な号に
掲載いたします。

<トピック例>
・参加記(ゲーム研究関連の研究大会、ゲーム産業分野のイベントなど)
・文献紹介・ゲームレビュー(文献紹介とともに、ゲーム作品評も募集します)
・開発・実践事例紹介(VRやIoTなど最新分野の取り組み紹介など)
・技術紹介(開発したゲームの工夫や課題)
・開発者回顧録(過去に手掛けた作品について残しておきたい記録)

投稿にあたっては、投稿規定と執筆要項をご確認ください。
・投稿規定・執筆要項
http://digrajapan.org/?page_id=321 <http://digrajapan.org/?page_id=321>

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【9】賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

当学会では賛助会員として、
・一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
・株式会社ゲームスタジオ
・株式会社コーエーテクモゲームス
・株式会社スクウェア・エニックス
・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・公益財団法人 科学技術融合振興財団
・タボット株式会社

本年度4月からあたらに賛助会員として参加していただくことになりました.
・株式会社バンダイナムコホールディング

以上の8団体に参加していただいております(50音順)。
<http://digrajapan.org/?page_id=245>

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【10】広報委員長の一言
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ニュース多いけど、充実してます!うっれしー。
次号はいよいよ100号だよっ!