投稿日:2014年7月28日/ 更新日:2014年7月28日


公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 にて、平成26年度の助成募集が開始されました。

また、さきに募集された『社会を変える「夢のゲーム」アイディア』(http://digrajapan.org/?p=1288)から選ばれた、GPSを用いて感謝の軌跡を可視化してありがとうを増やすゲーム「ありがとうのキセキ」と、高齢者に詐欺を体験してもらい対策に役立ててもらう「振り込め詐欺をゲームで対策」の2つのテーマに対する調査研究者を募集しております。

助成研究・調査研究ともに応募締切は、10月15日(水)となっております。関連分野の研究活動をされている方は、是非応募をご検討ください。

 

○助成研究課題

助成研究A ゲームの分野の研究に対する助成

A-1 重点研究:

「ゲームを超えたゲーム」

A-2 基礎的・基盤的研究:

「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」
「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」

助成研究B 「人間と遊び」に関する研究に対する助成

「遊びの本質及び影響に関する研究」、「遊びの社会的諸活動への応用に関する研究」及び「助成研究A又はBのいずれの課題にも属さない『人間と遊び』の研究」

募集要項 : http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-grant01.html

 

○調査研究課題

平成26年度 調査研究課題は、次の経緯と方法で決定いたしました。
文部科学省の「科学技術週間」の参加プロジェクトとして、一般の皆様から社会を変える「夢のゲーム」アイディアとして募集しました。その意味するところは、「ゲームの面白さや手法を使って、様々な社会的課題をみんなでゲームを楽しみながら協力して解決していけるような、新しいゲームの創生」であります。
4月7日から5月25日までの募集期間に971件の応募がありましたが、当財団の企画委員会が厳正な審査の結果、最優秀賞1点、優秀賞10点、特別賞3点を選定しました。本年の研究課題は、受賞作の中から選択されました。

募集要項 : http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-sp_research01.html