投稿日:2014年6月22日/ 更新日:2014年6月22日


東京工科大学メディア学部主催で本学会も開催協力をした第1回シリアスゲームジャム(2月22-23日 http://digrajapan.org/?p=1178)にて制作された、英語学習シリアスゲーム「RIDDES IN PIECES」の完成版(制作:Team RIP)が、シリアスゲームジャムのウェブページで公開されています。

このゲームは、古い洋館に閉じ込められた主人公が、各部屋に隠されたバラバラの英単語を、並べ替えて謎を解き、脱出を図るというストーリーです。「第1回シリアスゲームジャムGame Jam for“Happy English”」(会場:グリー株式会社)で制作された英語学習ゲーム5作品のうちの1作で、イベント終了後も改良を重ね、この度完成したものです。

「シリアスゲーム」とは、主に娯楽を目的とした従来のビデオゲームとは異なり、教育や社会問題の解決に「ゲームのチカラ」を活かす目的で制作されるゲームです。謎解きのワクワク感は勿論、美しいグラフィックや軽快なアクションで楽しく遊んでいるうちに、英文法の基礎が身に付く、素晴らしい学習ゲームに仕上がっています。ぜひプレイしてみてください。

「RIDDLES IN PIECES」

http://www2.teu.ac.jp/media/~kishimotoy/SeriousGameJam/final/final.html#rip

動作環境: PC または タブレットのGoogle Chrome/Safari

 

『第一回シリアスゲームジャム Game Jam for “Happy English”』

公式ウェブサイト http://www2.teu.ac.jp/media/~kishimotoy/SeriousGameJam/

お問合せ先:東京工科大学メディア学部 岸本好弘(kishimotoy [あっと] stf.teu.ac.jp)

 

sgj_rip