投稿日:2017年3月30日


DiGRA Japan Chapter
■Conferences:
Annual Conference:
The Sixth DiGRA Japan Annual Conference, February 27−28, 2016, Shibaura Institute of Technology
The Fifth DiGRA Japan Annual Conference, March 7−8, 2015, Miyagi University
The Fourth DiGRA Japan Annual Conference, March 9−10, 2014, Future University Hakodate
The Third DiGRA Japan Annual Conference, March 4−5, 2013, Kyushu University
The Second DiGRA Japan Annual Conference, February 25−26, 2012, Ritsumeikan University
The First DiGRA Japan Annual Conference, December 18–19, 2010, Shibaura Institute of Technology

Summer Conference:
The Fourth DiGRA Japan Summer Conference, August 6−7, 2016, Tokyo Polytechnic University
The Third DiGRA Japan Summer Conference, August 1, 2015, Nihon University
The Second DiGRA Japan Summer Conference, August 24, 2014, Tokyo University of Technology
The First DiGRA Japan Summer Conference, August 31, 2013, Tokyo Polytechnic University

International Conference:
The Third DiGRA International Conference: Situated Play (DiGRA 2007), September 24–28, 2007, The University of Tokyo
Replaying Japan 2013 (Co-Organizing), May 24-May 26,2013 Ritsumeikan University
Replaying Japan 2014 (Co-Organizing), August 21-23, 2014, The University of Alberta
Replaying Japan 2015 (Co-Organizing), May 21-23, 2015, Ritsumeikan University
Replaying Japan 2016 (Co-Organizing), August 15-17, 2016, Leipzig University


DiGRA Japan Chapter
■Journals:
Journal of Digital Games Research, Vol.8 No. 1−2, March 2016 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.7 No.2, March 2015 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.7 No.1, June 2014 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.6 No.2, July 2013 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.6 No.1, March 2012 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.5 No.2, September 2011 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.5 No.1, March 2011 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.4 No.2, September 2010 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.4 No.1, March 2010 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.3 No.2, September 2009 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.3 No.1, March 2009 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.2 No.1, March 2008 (ISBN 1882-0913).
Journal of Digital Games Research, Vol.1 No.1, March 2007 (ISBN 1882-0913).


DiGRA Japan Chapter
■Contact:
Website: <a href=”http://digrajapan.org”>http://digrajapan.org</a>
Facebook: <a href=”https://www.facebook.com/digrajapan”>https://www.facebook.com/digrajapan</a>
Twitter: <a href=”https://twitter.com/DiGRA_JAPAN”>https://twitter.com/DiGRA_JAPAN</a>
YouTube: <a href=”https://www.youtube.com/user/digrajapan”>https://www.youtube.com/user/digrajapan</a>
Secretariat: g012digra_j-mng [at] ml.gakkai.ne.jp


DiGRA Japan Chapter
■About:
Digital Games Research Association Japan (DiGRA Japan) is a nonprofit academic society recognized by the Science Council of Japan, whose work focuses on digital games research and associated activities. DiGRA Japan was established in 2006 in Tokyo, and has over 300 members in 2016.
DiGRA Japan held the Third DiGRA International Conference: Situated Play (DiGRA 2007) at the University of Tokyo.
The DiGRA Japan Board has held the Annual Conference from 2010, and Research Committee has been holding the Summer Conference since 2013. Editorial Committee has been editing and publishing the Journal of Digital Games Research since 2007. The Public Relations Committee has been promoting DiGRA Japan’s activities through the official website, Facebook, Twitter, YouTube, and Mailing List for members. International Committee has been starting to promote interaction among the international Digital Games Research Associations from 2016.
DiGRA Japan has been giving awards to excellent research members from 2011.

投稿日:2017年3月5日


日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)は、学会誌『デジタルゲーム学研究』第9巻第1号を発行しました。目次については、下記のページをご覧下さい。
http://digrajapan.org/?page_id=4217

投稿日:2017年2月27日


DiGRAのHPに,DiGRA JAPANの紹介が掲載されました.

http://www.digra.org/the-association/chapters/the-japanese-chapter/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター  第98号
2016年 2 24日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員・賛助会員
の方々にお送りしております。レイアウトが崩れている場合、等幅フォントで
ご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】日本デジタルゲーム学会 2016年度年次大会  参加申込開始
事前申込および懇親会申込受付は2/28まで

2】2016年度年次総会開催のご案内
【3】日本デジタルゲーム学会 2016年度年次大会[3/11,12 星城大学]
プログラム公開
【4】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
【5】広報委員長のひとごと
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
学会facebook: https://www.facebook.com/digrajapan
学会twitter: https://twitter.com/digra_japan
学会youtube: https://www.youtube.com/digrajapan
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

(さらに…)


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター  第97号
2016年 1月 30日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員・賛助会員
の方々にお送りしております。レイアウトが崩れている場合、等幅フォントで
ご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】第1回シリアス&アプライドゲームサミット
【2】日本デジタルゲーム学会 2016年度年次大会[3/11,12 星城大学] プログラム公開
【3】日本デジタルゲーム学会 2016年度年次大会  参加申込開始
事前申込および懇親会申込受付は2/28まで
【4】2016年度学会若手奨励推薦のお願い
【5】 Replaying Japan 2017国内公募の開始
【6】日本デジタルゲーム学会論文誌「CEDEC 2016論文特集」のお知らせ
【7】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
【8】広報委員長のひとごと
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

(さらに…)

投稿日:2017年2月5日


————————————

《ゲームデザイン討論会》
第3回公開ディスカッション
「アート&ゲーム:ゲームは“芸術”たりえるか!?」

2017年2月12日(日)開催決定したことを以下ご案内します。
下記のとおり事前予約ご不要ですので、皆さまのお越 しをお待ちしています。

unnamed

————————————
■【開催日程】
●2017年2月12日(日曜日)

●開場:13時40分
●開始:14時00分~終了:16時00分過ぎまで

■【開催会場】

●朝日新聞メディアラボ渋谷分室

http://www.asahi.com/shimbun/medialab/shibuya.html

●地図:https://all-event.net/locations/5927/
●住所:朝日新聞社メディアラボ渋谷分室東京都渋谷区神宮前6-19-21 ホルツ細川ビル4F
●最寄駅:JR渋谷駅またはJR原宿駅、千代田線明治神宮前(原宿)

————————————
■【参加費】

一般 1,000円/学生 無料(専門学校・大学など学生証をお持ちの方対象)
当日お越しのさいにお支払いお願いします。

———————————— (さらに…)

投稿日:2017年1月27日


日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)ゲーム教育専門部会主催で,「第5回シリアスゲームジャム ~ みんなのバリアフリー ~」が(株)ビサイド(東京都立川市)を会場として12月10日(土)~11日(日)に開催されました.今回のテーマは「みんなのバリアフリー(Accessibility for Everyone)」,シリアスゲームジャムとして初めて取り組む福祉に関する課題に,5カ国から計39名の学生及び社会人の方が集まり,5本のゲームが開発されました.

『ゴーゴンの館』(最優秀グランプリ)
『BLIND MAZE』(リサーチ賞・デザイン賞)
『Go! ペティル Go!』(オランダ大使館賞)
『バリアからの脱出VR』(VR賞)
『助けて!見え猿聞こえ猿』

 
・HP:http://www.mediadesignlabs.org/SGJ5/
・Facebookグループページhttps://www.facebook.com/groups/1082422435145549/
・メディア芸術カレントコンテンツサイトに掲載された記事(実行委員の小野憲史氏が執筆) http://mediag.jp/news/cat2/55.html

 SGJ5-photo
SGJ5集合写真

会場には,福祉に関する専門家として実行委員として加わったNPO法人PADM(遠位型ミオパチー患者会)代表の織田友理子さん,福祉工学の専門家の伊藤史人先生(島根大学総合理工学研究科)や,作業療法士の田中英一先生(国立病院機構八雲病院)がアドバイザとして待機していただき,参加者の皆さんが頻繁に相談に来ていたのが印象的でした.また,オランダ王国大使館には初日の夜食パーティでオランダの特産物を提供していただいた他,(株)東京技術計算コンサルタント,(株)Asian Bridge,(株)市川ソフトラボラトリーの各社さんからは,オリジナルTシャツや昼食,各賞のスポンサーをしていただきました.