投稿日:2017年11月25日


国際学会DiGRAが発行するオンラインジャーナル “Transactions of the Digital Games Research Association (ToDIGRA)”の最新号(Vol 3, No 2 (2017))が公開されました。

昨年8月にDIGRAとFDGの合同開催の国際会議の特集号です。論文はToDIGRAのウェブサイトで無料でダウンロードできます。
http://todigra.org/index.php/todigra


International Communication Association (ICA) Game Studies Divisionでは、プラハで開催するICA国際会議(5月24日から28日)の初日に”GAMES EVERYWHERE, GAMING EVERYWHERE”というテーマでpreconferenceを開催します。その発表論文投稿が募集されています。締め切りは1月15日です。詳細は下記投稿募集ページをご参照ください。
http://games-everywhere.com/call-for-papers/

投稿日:2017年11月23日


日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan) 会長および理事選挙について
11月23日に候補者の告示をいたしました。

http://digrajapan.org/election2017/index.htm

また、下記のオンライン選挙システムにて、11月30日より投票を開始しております。

https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/election/DiGRA

ID、パスワードと投票方法のご案内については、11月24日に会員の皆様にメールにてお送りしております。
ご不明な点は事務局 g012digra_j-mng [あっと] ml.gakkai.ne.jp までお尋ねください。

◆ 投票期間: 2017年11月30日~12月21日
◆ 結果発表: 2017年12月25日
※会長、新理事は第8回年次総会(2018年3月)前の理事会で承認され、年次総会の議決を経て総会終了後に就任する。

会員の皆様の投票をよろしくお願いいたします。

投稿日:2017年11月18日


シーマン人工知能研究所 所長の斎藤 由多加さんと、広報委員長の三宅陽一郎が

ゲームと人工知能と会話をめぐるトークショーをくり広げます。

【実施概要】
日程:2017年11月24日 (金) 19時〜21時 ※参加開場:18:30時
参加費:3000円(懇親会での軽食、飲み物代含む)
※参加費は現地受付にてお支払いのほど、よろしくお願い致します。
定員:50名様
会場:hoops link Tokyo
東京都渋谷区宇田川町28-4 三井住友銀行 渋谷西ビル6階
東京メトロ半蔵門線渋谷駅3a出口 徒歩3分 JR渋谷駅ハチ公口 徒歩6分
※三井住友銀行内のエレベータ―より6階までお越しください。

参加ご希望の方はこちら
● 参加申し込み人数
● 代表者様のお名前と連絡先(電話番号、メールアドレス)
● 参加者のみなさんの簡単なプロフィール(懇親会用/任意)
上記をご記入のうえ、ticket@seaman.ai までご送付ください。
※当日は、お名前の確認できるもの(名刺、免許証、保険証など)をご持参ください。

ご不明な点等がございましたら、下記までご連絡ください。
AI-CAFE事務局
080-3767-0000

 

http://seaman.ai/news/topics/ai_cafe.html

 

投稿日:2017年11月17日


日本デジタルゲーム学会では、2018年3月2日(金)3日(日)に第8回となる年次大会を開催いたします。​
​開催にあたり、大会での発表者を募集いたします。

【大会概要】​
日時:2018年3月2日(金)・3日(土)​
場所:福岡工業大学短期大学部 http://www.fit.ac.jp/shisetsu/campus/index
大会テーマ:「ゲーム、その自由な世界」​

発表を希望される方は、下記ページの募集要項をご確認の上、12/24(日)までに発表参加申込をお願いいたします。
http://digrajapan.org/?page_id=4953

皆様の研究成果の発表をお待ちしております!

投稿日:2017年11月16日


ゲーム研究の国際会議「DiGRA 2018」が、2018年7月25~28日にトリノ大学で開催されることが発表されました。会議テーマは「ゲームはメッセージ」です。「メディアはメッセージ」と論じたメディア研究者マーシャル・マクルーハンの考えに基づいて、ゲームを人間を拡張するものと捉え、ゲームが創り出す環境、それが明らかにする私たちの欲望や社会、ゲームによる人間の感覚や社会関係の変容を探究する研究が募集されています。

12月1日に大会発表原稿の募集が開始され、1月31日に〆切、査読結果発表は3月1日とのことです。フルペーパー(5,000~7,000語+参考文献)、論文概要(500~1,000語+参考文献)、パネル(1,000語+参考文献+参加者経歴各100語)が募集されています。ご関心のある方は是非ご応募ください。

DiGRA 2018 – The Game is the Message – CFP

投稿日:2017年11月7日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター  第103号
2017年 11月 1日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員・賛助会員
の方々にお送りしております。
レイアウトが崩れている場合、等幅フォントでご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】2017年度年次大会は2018/3/2-3(金-土)、福岡工業大学で開催
【2】日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)会長および理事選挙の告示
【3】第6回「シリアスゲームジャム ゲームの力で世界を救え!
~えいごでコミュニケーション English Please~開催
【4】IGDA日本「デジタルからくり装置づくりワークショップ in 本郷」【11/3】
【5】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
【6】賛助会員のご案内
【7】広報委員長のひとごと
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ (さらに…)

投稿日:2017年10月22日


 

■学会誌2017 Vol.9 No.2 発行のご案内
日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)では、学会誌『デジタルゲーム学研究』の第9巻第2号を以下のとおり発行いたしました。本学会誌は会員各位に送付させていただきました。

目  次
【投稿論文】

<原著論文>
・デジタルゲームのレーティングシステムの変換と課題-CERO、PEGI、IARCの比較-
藤原正仁

・ARCS改良動機付けモデルの提案及びシリアスゲーム型学習用教材構築方への応用
粟飯原萌・杉本浩司・古市昌一

<実践論文>
・ゲーミフィケーションの要素と取り入れた小学校1年生向け電子教材の実践と評価
福山佑樹・床鍋佳枝・森田裕介

【参加記】
・『バラデューク』30周年トークイベントによる、開発者自身が主体となった、オーラルヒストリーの収集・保存の試み
鴫原盛之

・ゲームの可能性を体験するイベント『静岡ゲームEXPO(エキスポ)』を企画・運営して
浅沼頼・熊井恵梨・ジョナサン・ディハーン

【寄稿】
・シリアスゲームジャム開催の歩み-第1回から第5回シリアスゲームジャムまで-
岸本好弘・古市昌一・三上浩司・小野憲司・粟飯原萌

【エラータ】
(記事訂正)
・影響速度を要求するデジタルゲームが感情経験に与える影響
木村知宏

【投稿規程・執筆要領】
【編集後記】

投稿日:2017年10月20日


広報委員の粟飯原です。

2017/10/20にHPデザインを更新しました.

以下更新した内容

・Facebookのページプラグインをサイドバーに埋め込み

是非ご利用ください

投稿日:2017年10月17日


日本デジタルゲーム学会2018年度年次大会が、
2018年3月2日(金)、3日(土)に福岡工業大学(福岡県福岡市)にて開催されること
が決定しました。

詳細については、後日改めてご連絡いたします。
皆様の発表、ご参加をお待ちしております。
(スケジュールの調整を、どうぞよろしくお願いいたします。)