投稿日:2016年10月24日


FOST(科学技術融合振興財団)で、平成28年度の助成募集を開始されました。

本年度の調査研究と補助金について、延長して 10月31日(月)まで応募を受け付けています。

http://www.fost.or.jp/services/

 

投稿日:2016年10月17日


ハーフリアル-―虚実のあいだのビデオゲーム-イェスパー・ユール

https://www.amazon.co.jp/dp/4908124086

が、2015年度 学会賞を受賞されました 松永 伸司さん  http://digrajapan.org/?page_id=3187

の手によって翻訳され発刊となりました。

 


中川大地さんによる「現代ゲーム全史 文明の遊戯史観から」が発刊されています。

https://www.amazon.co.jp/dp/4152096357/

投稿日:2016年10月10日


“5th Serious Game Jam – Accessibility for Everybody -“
第5回「シリアスゲームジャム ~ みんなのバリアフリー ~」

日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)ゲーム教育専門部会主催で、第5回「シリアスゲームジャム ~ みんなのバリアフリー ~」が12月10日(土)~11日(日)に東京都内にて開催されます。このイベントでは、社会問題をテーマとして、専門家の知識にゲーム開発者や学生らの力を結集し、2日間でゲームを制作します。

HP:http://www.mediadesignlabs.org/SGJ5/

【開催概要】

開催趣旨(以下、HPより)

日本デジタルゲーム学会教育SIGでは,第5回シリアスゲームジャム(SGJ5)を12月10日,11日に東京で開催することとなりました.ゲーム制作に興味のある学生はもちろんのこと,全く経験の無い方も,主催者側が参加者のスキルを考慮した5,6人のチームを組んで制作を行いますので,心配はいりません. 特に,今回はゲーム制作の経験がある留学生も参加するので,インターナショナルな環境の中でのソフトウェア開発を経験するとても良い機会です.多数の皆様のご参加をお待ちしております.

We are very happy to announce the 5th Serious Game Jam which will be held in Tokyo on Dec. 10 and 11. International students and professionals are very welcome to attend.
In this game jam, organizer will coordinate teams based on the attendant’s skills. Moreover, before the jam starts, we are going to have your proposals, and a competition will be held almost one month ahead the Jam. More information will be provided soon on this site. We are looking forward to seeing you at SGJ5!

テーマ:「みんなのバリアフリー」
Topic: “Accessibility for Everyone”

日時: 2016年12月10日(土)~11日(日)
Date: Dec. 10(Sat),11(Sun)

会場: 東京都内
Venue: Tokyo

主催: 日本デジタルゲーム学会(DiGRA)ゲーム教育専門部会
Sponsored by  Japan Digital Game Association(DiGRA)Education SIG

共催: NPO法人 PADM
NPO PADM

参加者募集開始: 10月11日予定 公式ウェブページにて
問合せ先: 日本大学生産工学部 古市(furuichi.masakazu[あっと]nihon-u.ac.jp)


International Conference on Japanese video games- Replaying Japan 2016 was held in Leipzig, Germany from Aug 15 to Aug 17.  DiGRA Japan co-hosted the event. The theme of the conference was From Pac-Man to the present: Japanese Games between the local and global.  President of DiGRA Japan- Professor Toru Iwatani gave a keynote speech entitled The Secrets of the Interest for Playing PAC-MAN.  Other keynote speech done by DiGRA Japan member is  “The Making of 80’s Japanese Games- Create World – in case of “XEVIOUS” & “the Tower of DRUAGA” by Vice President of DiGRA Japan, Professor  Masanobu Endo.  There are many other members of DiGRA Japan made presentations during the events and over 100 people from Japan as well as Europe and North America had participated the conference and all of them were involved in active discussions on the latest issues about Japanese video games.

URL  Replaying JAPAN 2016 http://home.uni-leipzig.de/jgames/replayingjapan2016/

replayingjapan-digraj

投稿日:2016年10月4日


11月2日(水)に全国自治体ゲームコラボレーションフォーラムが、盛岡市において開催されます。岩手県が主催のゲームを活用した地域活性化に関する全国初のフォーラムです(日本デジタルゲーム学会も後援しています)。

IngressやポケモンGOと地域連携に関する報告のほか、各地の位置情報ゲームと自治体のコラボレーションについて12の発表が行われます。

http://www.pref.iwate.jp/event/moyooshi/046704.html

参加申し込みは10/14 24:00まで(先着150名)です。

今夏リリースのポケモンGOでさらに加熱している位置ゲームと、地域との関係について興味ある方は、ぜひご参加ください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター 第93号                     2016年 9月 27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員・賛助会員
の方々にお送りしております。レイアウトが崩れている場合、等幅フォントで
ご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
コンテンツ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】Replaying Japanの基調講演に岩谷会長、遠藤副会長が招待講演
【2】2016年夏季研究発表大会 基調講演をはじめ動画公開
【3】学会誌自由投稿論文・記事募集のお知らせ
【4】2016年夏季研究発表大会 領収書不備のお詫びと対応のご案内
【5】2016年度年次大会 開催決定 [2017/3/11,12(土,日) 星城大学]
【6】中山隼雄科学技術文化財団 助成研究・調査研究募集(10月1日まで)
【7】平成28年度 FOST助成募集 (10月15日まで)
【8】広報委員長のひとごと
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ (さらに…)