投稿日:2010年12月18日/ 更新日:2013年3月27日


日本デジタルゲーム学会は、来る12月18日(土)、19日(日)に同学会初の年次大会を開催いたします。

趣旨説明
■ 共通テーマ:デジタルゲームの過去・現在・未来

「デジタルゲームに関する学術、技術の進歩発展と普及啓蒙をはかり、会員相互間および関連学協会との連絡研究の場」となることを目的として2006年に設立された本学会、国際学会DiGRA2007開催後は実際の開発者、研究者による公開講座と論文誌の発行を中心として活動をしてきました。

公開講座は平日夜の開催にも関わらず、毎回多数の参加者に恵まれ、公開講座後の懇親会も含めると夜11時過ぎまで毎回活発な議論が繰り広げられてきました。また、論文誌は刊行回数を年1回から年2回に増やして、デジタルゲーム研究の貴重な発表の場として、その役割を増しています。その熱気を受け継ぐ形で、満を持して2010年大会を開く運びとなりました。

ソーシャルゲームの隆盛や新ハード発売のニュースなど、デジタルゲームを取り巻く環境は激変が続いています。そういう時代だからこそ、原点に立ち返り、現状を丁寧に分析した研究や、デジタルゲームの根本を問い直す研究が必要となっています。

今回の大会が、皆さまにとってデジタルゲームの過去・現在・未来を考える一助になることを期待しています。

大会プログラム詳細はこちらからダウンロードしてください。

開始時間 09時15分
定員数 300人 (予約数 109人)
予約締切時間 2010-12-17 21:15

大会名称: 日本デジタルゲーム学会2010年次大会
テーマ: デジタルゲームの過去・現在・未来
主催: 日本デジタルゲーム学会

開催日時: 2010年12月18日(土)・19日(日)
両日とも9時15分~16時30分 (懇親会:18日17時~19時30分)

会 場: 芝浦工大芝浦キャンパス(306・307教室)
アクセス:http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

参加費用:
非会員(一般) 3000円
非会員(学生) 2000円

会員(一般)  2000円
会員(学生)  1000円

懇親会費:
一般4000円
学生2000円

問い合わせ窓口:次のメールアドレスまでご一報ください。
DiGRAJAPAN2010orgあっとcabsss.titech.ac.jp
(あっとは@で代替してください)

主要スケジュール
18日(土)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-16:30 :基調講演:鼎談:「日本ビデオゲームの黎明」
遠藤雅伸 日本デジタルゲーム学会理事(モデレータ)
岩谷徹 日本デジタルゲーム学会理事/東京工芸大学教授
石村繁一 バンダイナムコゲームス
西角友宏 ドリームス
17:00-19:30: 懇親会

19日(日)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-14:45 :学会総会
15:00-16:30 : 実行委員会主催シンポジウム

投稿日:2010年12月14日/ 更新日:2013年3月12日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター
第45号 2010年12月06日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員
賛助会員の方々にお送りしております。
レイアウトが崩れている場合は、等幅フォントでご覧ください。

日本デジタルゲーム学会ニューズレター第45号をお送りします。
この度は、来る年次会に備え、同大会の関連事項を集約しました。
ご確認のうえ、是非参加いただけますよう何卒、よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
Contents
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【1】 日本デジタルゲーム学会2010年次大会
「デジタルゲームの過去・現在・未来」
【2】 年次総会出欠ご連絡のお願い
【3】 学会賞制定のお知らせ
【4】 年次大会・基調講演の詳細についてのお知らせ
【5】 学会誌自由投稿論文募集のお知らせ
【6】 賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】日本デジタルゲーム学会2010年次大会
「デジタルゲームの過去・現在・未来」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会は、来る12月18日(土)、19日(日)に
同学会初の年次大会を開催いたします。

趣旨説明
■ 共通テーマ:デジタルゲームの過去・現在・未来

「デジタルゲームに関する学術、技術の進歩発展と普及啓蒙を
はかり、会員相互間および関連学協会との連絡研究の場」となる
ことを目的として2006年に設立された本学会、国際学会DiGRA2007
開催後は実際の開発者、研究者による公開講座と論文誌の発行を
中心として活動をしてきました。

公開講座は平日夜の開催にも関わらず、毎回多数の参加者に恵ま
れ、公開講座後の懇親会も含めると夜11時過ぎまで毎回活発な
議論が繰り広げられてきました。また、論文誌は刊行回数を
年1回から年2回に増やして、デジタルゲーム研究の貴重な発表の
場として、その役割を増しています。その熱気を受け継ぐ形で、
満を持して2010年大会を開く運びとなりました。

ソーシャルゲームの隆盛や新ハード発売のニュースなど、デジタル
ゲームを取り巻く環境は激変が続いています。そういう時代だから
こそ、原点に立ち返り、現状を丁寧に分析した研究や、デジタル
ゲームの根本を問い直す研究が必要となっています。

今回の大会が、皆さまにとってデジタルゲームの過去・現在・
未来を考える一助になることを期待しています。

開始時間 09時15分
定員数 300人 (予約数 50人)
予約締切時間 2010-12-17 21:15

大会名称: 日本デジタルゲーム学会2010年次大会
テーマ: デジタルゲームの過去・現在・未来
主催: 日本デジタルゲーム学会

開催日時: 2010年12月18日(土)・19日(日)
両日とも9時15分~16時30分 (懇親会:18日17時~19時30分)

会 場: 芝浦工大芝浦キャンパス(306・307教室)
アクセス:http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

参加費用:
非会員(一般) 3000円
非会員(学生) 2000円

会員(一般)  2000円
会員(学生)  1000円

懇親会費:
一般4000円
学生2000円

問い合わせ窓口:次のメールアドレスまでご一報ください。
DiGRAJAPAN2010orgあっとcabsss.titech.ac.jp
(あっとは@で代替してください)

主要スケジュール
18日(土)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-16:30 :基調講演
17:00-19:30: 懇親会

19日(日)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-14:45 :学会総会
15:00-16:30 : 実行委員会主催シンポジウム

その他、大会プログラム詳細は公式ホームページからダウン
ロードしてください。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【2】 年次総会出欠ご連絡のお願い
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

本件はすでに事務局より連絡済みですが、重要な案件ですので本ML
でも改めてご連絡させていただきます。

このたび2010年次大会の開催にあわせまして会員総会を下記のとお
り開催いたしたいと存じます。年末のご多用な時期とは存じます
が、お繰り合わせの上ご出席下さいますようお願い申し上げます。

1.日時:
2010年12月19日(日)14:00-14:45

2.会場:
芝浦工業大学 芝浦キャンパス(307教室)
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

3.議題:
第一号議案:2009年度活動報告
第二号議案:2010年度活動計画
第三号議案:2009年度決算
第四号議案:2010年度予算
第五号議案:第3期役員について

4.ご出欠のご連絡:
誠に恐縮ながら、ご出欠のご連絡につきましては、12月9日(木)までに
下記のオンライン登録ページよりご登録ください。また、同ページ
内にて議決の委任も可能となっておりますので、ご欠席の場合は
委任の登録もお願いいたします。なお、議長、もしくは特定の会員
(総会に参加されている会員)に委任されることを希望される場合
は、登録ページ内の

□(欠席の場合のみ)下記通信欄に記載した委任先に委任する

にチェックを入れ、通信欄に、議長、もしくは当該会員の所属と
お名前を指名していただくようにお願いいたします。

参加申込後のリマインドメールは送られませんので、ご承知くださ
い。登録したご出欠を変更される場合は、再度オンライン登録ペー
ジより
「登録済会議を含める」にチェックをいれ、会議検索し、再登録を
お願いします。

日本デジタルゲーム学会2010年度総会オンライン登録ページ
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/meeting/DiGRA

※上記ページより、以前郵送にてお知らせいたしました会員IDおよびパス
ワードを入力してログインしてください。
(会員IDと合わせてパスワードも先に送付しました出欠確認メールの最後
に併記してお送りしております。)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【3】 学会賞制定のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会は、デジタルゲーム及びその研究について大きな
貢献を果たしたと認める者を顕彰し、本学会及び学術の発展をはかること
を目的として、日本デジタルゲーム学会学会賞を制定いたしました。

http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=332

学会賞の制定に際しては、会員のみなさまのご意見をいただきながら、理
事会にて慎重な審議を行い、学会賞規程としてそのポリシーと規約を策定
してまいりました。

本年度は総会までの時間的余裕がありませんので、十分な推薦期間をおく
ことがかないませんが、会員のみなさまから受賞者のご推薦がございまし
たら下記のお問い合わせページから、学会賞規程第7条の内容に基づきま
してご連絡いただきますようにお願いいたします。総会までの準備を考慮
いたしまして、こちらの〆切も総会への出欠とあわせて「12月9日(木)」
までとさせていただきます。

http://www.digrajapan.org/modules/contact/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【4】年次大会・基調講演の詳細についてのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
DigraJapan2010年次大会の基調講演が決定いたしました。
当学会理事で東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授の岩谷徹氏に加え、
バンダイナムコゲームス元社長石村繁一氏、そして、『スペースインベーダー』
を開発したことで知られる西角友宏氏を招き、鼎談「日本ビデオゲームの黎明」
をおこないます。18日(土)14:00-16:30のセッションにて開催
されいます。 是非、ふるってご参加の程、よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【5】学会誌自由投稿論文募集のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会編集委員会では、会員の皆様からの自由投
稿原稿を募集しております。投稿は随時可能でございます。

投稿にあたっては、投稿規定と執筆要項を必ずご覧ください。

原稿種別は、原著論文、実践論文、ショートペーパー、書評、参加
記があります。原著論文、実践論文、ショートペーパーについては、
いわゆる「査読付き論文」としての審査を行います。

書評、産業界からの声、参加記については、2010年11月末までにご
投稿いただければ閲読をしまして、第5巻第1号(2011年3月刊行予定)
に掲載できるようにいたします。

また編集委員会では産業界の方からの積極的なご投稿を心よりお待
ちしております。特に実践論文はゲーム開発だけではなく、ゲーム教
育やゲーム産業、ゲーム販売などに関する分野での投稿を受け付けて
おります。

◆参考URL
・投稿規定・執筆要項
http://www.digrajapan.org/modules/tinyd5/index.php?id=1

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【6】賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

当学会では賛助会員として、
・株式会社アーベル
・学校法人木村学園
・株式会社コーエーテクモゲームス
・一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
・株式会社スクウェア・エニックス
・株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
・株式会社ディンゴ
・トライデントコンピュータ専門学校
・株式会社バンダイナムコゲームス
・福岡コンテンツ産業拠点推進会議
・株式会社プレミアム・エージェンシー
・株式会社モバイル&ゲームスタジオ
の12団体に参加していただいております(50音順)。
<http://www.digrajapan.org/modules/xoopspartners/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽▼

ご意見・お問い合せなど
発行者:日本デジタルゲーム学会
学会ホームページ:http://www.digrajapan.org/

————————————–

投稿日:2010年12月1日/ 更新日:2013年3月12日


日本デジタルゲーム学会は、デジタルゲーム及びその研究について大きな
貢献を果たしたと認める者を顕彰し、本学会及び学術の発展をはかること
を目的として、日本デジタルゲーム学会学会賞を制定いたしました。

http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=332

学会賞の制定に際しては、会員のみなさまのご意見をいただきながら、理
事会にて慎重な審議を行い、学会賞規程としてそのポリシーと規約を策定
してまいりました。

本年度は総会までの時間的余裕がありませんので、十分な推薦期間をおく
ことがかないませんが、会員のみなさまから受賞者のご推薦がございまし
たら下記のお問い合わせページから、学会賞規程第7条の内容に基づきま
してご連絡いただきますようにお願いいたします。総会までの準備を考慮
いたしまして、こちらの〆切も総会への出欠とあわせて「12月9日(木)」
までとさせていただきます。

http://www.digrajapan.org/modules/contact/

投稿日:2010年11月23日/ 更新日:2013年3月12日


日本デジタルゲーム学会関西研究会は、12月17日(金)17時00
から京都リサーチパークサイエンスホールにて、第2回DiGRA-Kを開催いたします。

「インタラクティブナラティブの展望」と題したこの度は、
奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授からお話を伺います。

加藤教授は、AR(拡張現実)のツールキットの開発者として知られて
います。本デバイスは特殊メガネを装着することで、絵本上に
CG動画を組み合わせることが出来るARテクノロジーです。本講演では、
そのような技術を生み出した経緯並びに本技術のエンターテインメント
産業での応用可能性について言及していただきます。

旬の話題を皆さまとともに共有出来ればと思っております。

日時 2010年12月17日(金)
時間 17:00-18:30
場所 京都リサーチパークサイエンスホール
シンポジウム参加:無料 (交流会:社会人3000円、学生2000円)

主催 日本デジタルゲーム学会・IGDA関西・京都リサーチパーク株式社
株式会社KINSHA

構成
第一部

17:30-18:30 「インタラクティブナラティブの展望」
講演者 奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授

第二部
19:00-21:00 交流会(YEBiSU Japanese Dining Cafe&Bar)

◆加藤教授が今回ご紹介される予定の「仮想立体絵本」の研究
成果はこちらで確認できます。

◆応募方法
下記宛に1.参加者氏、2.所属、3.メールアドレス、4.交流会
への参加有無をお知らせ下さい。
digrak@kinsha.co.jp

投稿日:2010年11月22日/ 更新日:2013年3月12日


日本デジタルゲーム学会は、この度、数か月の審議を経て
日本デジタルゲーム学会学会賞規定を制定したことをご連絡いたします。

具体的な規定につきましては、こちら をご確認ください。

投稿日:2010年11月17日/ 更新日:2013年3月12日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

日本デジタルゲーム学会 ニューズレター
第44号 2010年11月17日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員
賛助会員の方々にお送りしております。
レイアウトが崩れている場合は、等幅フォントでご覧ください。

日本デジタルゲーム学会ニューズレター第44号をお送りします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
Contents
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【1】 日本デジタルゲーム学会2010年次大会・産業トラック
講演者募集について延長のお知らせ
【2】 日本デジタルゲーム学会2010年次大会会場変更のお知らせ
【3】 第2回日本デジタルゲーム学会関西研究会開催のお知らせ
【4】 学会誌自由投稿論文募集のお知らせ
【5】 平成21(2009)・平成22(2010)年度年会費納のお願い
【6】 賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】日本デジタルゲーム学会2010年次大会・
講演者募集について延長のお知らせ)(CFP:2010年11月19日まで)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会2010年次大会
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=317

における産業トラック発表の募集(6件)
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=326

について、募集を以下の期日まで延長いたします。

期日: 11月19日(金)

申し込み方法は上記のサイトに準拠します。

産業トラックは、産業界の中で、学術発表というきっちりとした形で、
定式化したい成果について、発表の場を提供するものです。

発表によって、産業において育まれた知識の定式化と共有を促し、
学との知識ベースの相互コミュニケーション、相互発展を目指します。

産業トラックは、学術という場における産学との接点の場となること、
そして、発表者にとって益のある場を目指します。

ご応募、お待ちしています。

産業トラック担当 三宅 陽一郎
(DigraJ 研究委員、フロム・ソフトウェア)

■ ご質問は、y_miyake(あっと)igda.jp(あっとは@に変換して
ご連絡ください)か、twitter: miyayou までお願いいたします

※11月8日までに申し込んだにもかかわらず、三宅から返信が行って
いない方は、至急ご連絡ください。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【2】日本デジタルゲーム学会2010年次大会会場変更のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本デジタルゲーム学会2010年時大会は,当初予定よりも多くの
発表希望者がありました。ありがとうございました。

学会当日の会場が手狭となる可能性が生じましたので,大会会場を当初
会場予定の東京工業大学 田町キャンパスにほど近い,芝浦工業大学
芝浦キャンパスに変更することになりました.

駅からのアクセスはこちらをご覧ください
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

学会当日は田町駅前および東京工業大学田町キャンパス前に案内係を配置
しますが,会場をお間違えにならないようにお願いします

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【3】第2回日本デジタルゲーム学会関西研究会開催のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
第2回日本デジタルゲーム学会関西研究会は、12月17日(金)17時00
から京都リサーチパークサイエンスホールにて開催されます。
「インタラクティブナラティブの展望」と題したこの度は、
奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授からお話を伺います。
加藤教授は、AR(拡張現実)のツールキットの開発者として知られて
います。本デバイスは特殊メガネを装着することで、絵本上に
CG動画を組み合わせることが出来るARテクノロジーです。本講演では、
そのような技術を生み出した経緯並びに本技術のエンターテインメント
産業での応用可能性について言及していただきます。
旬の話題を皆さまとともに共有出来ればと思っております。

日時 2010年12月17日(金)
時間 17:00-18:30
場所 京都リサーチパークサイエンスホール
シンポジウム参加:無料 (交流会:社会人3000円、学生2000円)

主催 日本デジタルゲーム学会・IGDA関西・京都リサーチパーク株式社
株式会社KINSHA

構成
第一部

17:30-18:30 「インタラクティブナラティブの展望」

第二部
19:00-21:00 交流会(YEBiSU Japanese Dining Cafe&Bar)

◆応募方法
下記宛に1.参加者氏、2.所属、3.メールアドレス、4.交流会
への参加有無をお知らせ下さい。
digrak@kinsha.co.jp

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【4】学会誌自由投稿論文募集のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会編集委員会では、会員の皆様からの自由投
稿原稿を募集しております。投稿は随時可能でございます。

投稿にあたっては、投稿規定と執筆要項を必ずご覧ください。

原稿種別は、原著論文、実践論文、ショートペーパー、書評、参加
記があります。原著論文、実践論文、ショートペーパーについては、
いわゆる「査読付き論文」としての審査を行います。

書評、産業界からの声、参加記については、2010年11月末までにご
投稿いただければ閲読をしまして、第5巻第1号(2011年3月刊行予定)
に掲載できるようにいたします。

また編集委員会では産業界の方からの積極的なご投稿を心よりお待
ちしております。特に実践論文はゲーム開発だけではなく、ゲーム教
育やゲーム産業、ゲーム販売などに関する分野での投稿を受け付けて
おります。

◆参考URL
・投稿規定・執筆要項
http://www.digrajapan.org/modules/tinyd5/index.php?id=1

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【5】 平成21(2009)・平成22(2010)年度年会費納入のお願い
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

会員各位には学会の活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げ
ます。標記につきましてお願いをしているところですが、下記のとおり改
めてご案内をさせていただきます。ご多用中とは存じますが、まだご
納入いただいていない会員の方につきましては、ご協力の程お願い申
し上げます。
既にご納入いただいている皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

(1)年会費
正会員 10,000円
学生会員 5,000円※

※学生会員の方は、学生証のコピーまたは鮮明にスキャンした画像を、
事務局宛にFAXまたはE-mailでお送りください。

(2)振込先
年会費は、会員個人名で以下の口座にお振り込みください。
なお、会員個人名以外の口座よりお振り込みいただいた場合は、振
込の確認ができませんので、下記事務局まで必ずご連絡ください。
銀行名: ゆうちょ銀行
加入者払込払出店: 大塚駅前
口座番号: 00140-2-300029
口座名称(漢字):日本デジタルゲーム学会
口座名称(カナ):ニホンデジタルゲームガッカイ

※他行からの振込の場合は、下記を指定してください。
店名(店番):019(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目:当座
口座番号:0300029

(3)領収書
銀行の振り込み明細書をもって、領収書に代えさせていただきます。
別途、領収書が必要な方は、領収書宛名、送付先を明記の上、事務局
宛にFAXまたはE-mailでお知らせください。

(4)事務局
所在地:
〒170-0004 東京都豊島区北大塚3-21-10 アーバン大塚3F
TEL:03-5907-3750
FAX:03-5907-6364
E-mail : g012digra_j-mng [at] ml.gakkai.ne.jp
URL:http://www.galileo.co.jp/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【6】賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

当学会では賛助会員として、
・株式会社アーベル
・学校法人木村学園
・株式会社コーエーテクモゲームス
・一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
・株式会社スクウェア・エニックス
・株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
・株式会社ディンゴ
・トライデントコンピュータ専門学校
・株式会社バンダイナムコゲームス
・福岡コンテンツ産業拠点推進会議
・株式会社プレミアム・エージェンシー
・株式会社モバイル&ゲームスタジオ
の12団体に参加していただいております(50音順)。
<http://www.digrajapan.org/modules/xoopspartners/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽▼

ご意見・お問い合せなど
発行者:日本デジタルゲーム学会
学会ホームページ:http://www.digrajapan.org/

投稿日:2010年11月15日/ 更新日:2013年3月12日


すでに学会ニュースレター第43号にてご連絡いたしましたが、本ホームページ上にも再掲いたします。

学会当日の会場が手狭となる可能性が生じましたので,大会会場を当初
会場予定の東京工業大学 田町キャンパスにほど近い,芝浦工業大学
芝浦キャンパスに変更することになりました.

駅からのアクセスはこちらをご覧ください
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

学会当日は田町駅前および東京工業大学田町キャンパス前に案内係を配置
しますが,会場をお間違えにならないようにお願いします

/ 更新日:2013年3月12日


日本デジタルゲーム学会2010年次大会
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=317

における産業トラック発表の募集(6件)
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=326

について、募集を以下の期日まで延長いたします。

期日: 11月19日(金)

申し込み方法は上記のサイトに準拠します。

産業トラックは、産業界の中で、学術発表というきっちりとした形で、
定式化したい成果について、発表の場を提供するものです。

発表によって、産業において育まれた知識の定式化と共有を促し、
学との知識ベースの相互コミュニケーション、相互発展を目指します。

産業トラックは、学術という場における産学との接点の場となること、そして、
発表者にとって益のある場を目指します。

ご応募、お待ちしています。

産業トラック担当 三宅 陽一郎(DigraJ 研究委員、フロム・ソフトウェア)

■ ご質問はy_miyake(あっと)igda.jp(あっとは@に変換してご連絡ください) か、twitter: miyayou までお願いいたします

※11月8日までに申し込んだにもかかわらず、三宅から返信が行っていない方は、
至急ご連絡ください。

/ 更新日:2013年3月12日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日本デジタルゲーム学会 ニューズレター
第43号 2010年10月06日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◇このニューズレターは日本デジタルゲーム学会正会員・学生会員
賛助会員の方々にお送りしております。
レイアウトが崩れている場合は、等幅フォントでご覧ください。

日本デジタルゲーム学会ニューズレター第43号をお送りします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
Contents
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【1】 日本デジタルゲーム学会2010年次大会・産業トラック
講演者募集について延長のお知らせ
【2】 日本デジタルゲーム学会2010年次大会会場変更のお知らせ
【3】 第2回日本デジタルゲーム学会関西研究会開催のお知らせ
【4】 学会誌自由投稿論文募集のお知らせ
【5】 『デジタルゲーム学研究』第4巻第1号刊行のお知らせ
【6】 平成21(2009)・平成22(2010)年度年会費納のお願い
【7】 賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】日本デジタルゲーム学会2010年次大会・産業トラック
講演者募集について延長のお知らせ)(CFP:2010年11月16日まで)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会2010年次大会
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=317

における産業トラック発表の募集(6件)
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=326

について、募集を以下の期日まで延長いたします。

期日: 11月16日(火)

申し込み方法は上記のサイトに準拠します。

産業トラックは、産業界の中で、学術発表というきっちりとした形で、
定式化したい成果について、発表の場を提供するものです。

発表によって、産業において育まれた知識の定式化と共有を促し、
学との知識ベースの相互コミュニケーション、相互発展を目指します。

産業トラックは、学術という場における産学との接点の場となること、
そして、発表者にとって益のある場を目指します。

ご応募、お待ちしています。

産業トラック担当 三宅 陽一郎
(DigraJ 研究委員、フロム・ソフトウェア)

■ ご質問は、上記メイルか、twitter: miyayou までお願いいたします

※11月8日までに申し込んだにもかかわらず、三宅から返信が行って
いない方は、至急ご連絡ください。
■ ご質問は、上記メイルか、twitter: miyayou までお願いいたします

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【2】日本デジタルゲーム学会2010年次大会会場変更のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本デジタルゲーム学会2010年時大会は,当初予定よりも多くの
発表希望者がありました。ありがとうございました。

学会当日の会場が手狭となる可能性が生じましたので,大会会場を当初
会場予定の東京工業大学 田町キャンパスにほど近い,芝浦工業大学
芝浦キャンパスに変更することになりました.

駅からのアクセスはこちらをご覧ください
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html

学会当日は田町駅前および東京工業大学田町キャンパス前に案内係を配置
しますが,会場をお間違えにならないようにお願いします

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【3】第2回日本デジタルゲーム学会関西研究会開催のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
第2回日本デジタルゲーム学会関西研究会は、12月17日(金)17時00
から京都リサーチパークサイエンスホールにて開催されます。
「インタラクティブエンターテインメントの展望」と題したこのたびは、
奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授からお話を伺います。
加藤教授は、AR(拡張現実)のツールキットの開発者として知られて
います。本デバイスは特殊メガネを装着することで、絵本上に
立体動画を生み出すことが出来るテクノロジーです。本講演では、
そのような技術を生み出した経緯及びその効果、ならびに本技術の
エンターテインメント産業での応用可能性について言及して
いただきます。 旬の話題を皆さまとともに共有出来ればと
思っております。

日時 2010年12月17日(金)
時間 17:00-18:30
場所 京都リサーチパークサイエンスホール
シンポジウム参加:無料 (交流会:社会人3000円、学生2000円)

主催 日本デジタルゲーム学会・IGDA関西・京都リサーチパーク株式社
株式会社KINSHA

構成
第一部

17:30-18:30「インタラクティブナラティブの展望」

第二部
19:00-21:00 交流会(YEBiSU Japanese Dining Cafe&Bar)

◆応募方法
下記宛に①参加者氏名、②所属、③メールアドレス、④交流会
への参加有無をお知らせ下さい。
digrak@kinsha.co.jp

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【4】学会誌自由投稿論文募集のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本デジタルゲーム学会編集委員会では、会員の皆様からの自由投
稿原稿を募集しております。投稿は随時可能でございます。

投稿にあたっては、投稿規定と執筆要項を必ずご覧ください。

原稿種別は、原著論文、実践論文、ショートペーパー、書評、参加
記があります。原著論文、実践論文、ショートペーパーについては、
いわゆる「査読付き論文」としての審査を行います。

書評、産業界からの声、参加記については、2010年11月末までにご
投稿いただければ閲読をしまして、第5巻第1号(2011年3月刊行予定)
に掲載できるようにいたします。

また編集委員会では産業界の方からの積極的なご投稿を心よりお待
ちしております。特に実践論文はゲーム開発だけではなく、ゲーム教
育やゲーム産業、ゲーム販売などに関する分野での投稿を受け付けて
おります。

◆参考URL
・投稿規定・執筆要項
http://www.digrajapan.org/modules/tinyd5/index.php?id=1

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【5】『デジタルゲーム学研究』第4巻第1号刊行のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

会誌第4巻第1号ですが、無事刊行いたし、2009年度会員の方に
お送りいたしました。会費納入がまだの方は、これからでも振り込み
をよろしくお願いいたします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【6】 平成21(2009)・平成22(2010)年度年会費納入のお願い
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

会員各位には学会の活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げ
ます。標記につきましてお願いをしているところですが、下記のとおり改
めてご案内をさせていただきます。ご多用中とは存じますが、まだご
納入いただいていない会員の方につきましては、ご協力の程お願い申
し上げます。
既にご納入いただいている皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

(1)年会費
正会員 10,000円
学生会員 5,000円※

※学生会員の方は、学生証のコピーまたは鮮明にスキャンした画像を、
事務局宛にFAXまたはE-mailでお送りください。

(2)振込先
年会費は、会員個人名で以下の口座にお振り込みください。
なお、会員個人名以外の口座よりお振り込みいただいた場合は、振
込の確認ができませんので、下記事務局まで必ずご連絡ください。
銀行名: ゆうちょ銀行
加入者払込払出店: 大塚駅前
口座番号: 00140-2-300029
口座名称(漢字):日本デジタルゲーム学会
口座名称(カナ):ニホンデジタルゲームガッカイ

※他行からの振込の場合は、下記を指定してください。
店名(店番):019(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目:当座
口座番号:0300029

(3)領収書
銀行の振り込み明細書をもって、領収書に代えさせていただきます。
別途、領収書が必要な方は、領収書宛名、送付先を明記の上、事務局
宛にFAXまたはE-mailでお知らせください。

(4)事務局
所在地:
〒170-0004 東京都豊島区北大塚3-21-10 アーバン大塚3F
TEL:03-5907-3750
FAX:03-5907-6364
E-mail : g012digra_j-mng [at] ml.gakkai.ne.jp
URL:http://www.galileo.co.jp/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【7】賛助会員のご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

当学会では賛助会員として、
・株式会社アーベル
・学校法人木村学園
・株式会社コーエーテクモゲームス
・一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
・株式会社スクウェア・エニックス
・株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
・株式会社ディンゴ
・トライデントコンピュータ専門学校
・株式会社バンダイナムコゲームス
・福岡コンテンツ産業拠点推進会議
・株式会社プレミアム・エージェンシー
・株式会社モバイル&ゲームスタジオ
の12団体に参加していただいております(50音順)。
<http://www.digrajapan.org/modules/xoopspartners/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽▼

ご意見・お問い合せなど
発行者:日本デジタルゲーム学会
学会ホームページ:http://www.digrajapan.org/

————————————–

投稿日:2010年10月7日/ 更新日:2013年3月12日


日本デジタルゲーム学会2010年次大会
http://www.digrajapan.org/modules/news/article.php?storyid=317
では、ゲーム産業界・ゲーム周辺業界からの講演を募集いたします。
開催日  2010年12月18日(土)・19日(日)
会 場  芝浦工大芝浦キャンパス(予定)
講演募集数:6件
講演時間: 30分(質疑応答を含む)
募集内容: ゲーム産業における開発・研究に基づいた内容
分野: ゲーム開発に関係する全分野