投稿日:2016年4月7日


人狼知能プロジェクトより

第2回人狼知能大会に向けて人狼知能セミナを開催いたします。
本セミナは、主に人狼知能エージェント開発を始めて行う方を主な対象とした入門編となっております。

大会参加を検討してところとか、まず何からはじめたらいいのかわからない、とりあえず開発を始めてみたけど、どう作っていけばわからないという方はぜひご参加ください。
なお、開催場所に関してはいずれも仮の場所になっておりますが、大きく変わることはない予定でおります。

2016年05月07日 場所: 大阪、なんば周辺 申し込みサイト
05月15日 場所:東京、国立情報学研究所 申し込みサイト
05月28日 場所:福岡 天神松重ビル 申し込みサイト
06月12日 場所:東京、筑波大学東京キャンパス 申し込みサイト

当日スケジュール:
10:00 – 10:15: 人狼知能とは
10:15 – 11:00: ルール・プロトコル説明とインストール
11:15 – 12:00: サンプルエージェント説明
13:00 – 16:00: エージェント作成
16:00 – 17:30: ゲーム試行

参加者に準備していただくもの
– 開発用に用いるPC
– JDK (Java Development Kit)のインストール (ver 1.6 以上)
– Eclipseのインストール
※ Java 以外を用いる場合には、ご自身でご用意ください

セミナー受講に必要な事前知識
JavaおよびEclipseの基礎知識
人狼ゲームのルール

投稿日:2016年3月5日


当学会会員の蔵原大氏より、国際会議「Wargaming Connections 2016」について、下記のご案内を頂きましたので転載いたします。

【国際的なゲーム研究大会へご招待―Wargaming Connections 2016】

いま国際社会ではシリアスゲームの一つであるウォーゲーム(別称で紛争検証学、兵棋演習など)の研究活動が広がりつつあります。

その活動の主軸であるNPO団体「ウォーゲーム連合研究会」(Wargaming Connections)から日本のゲーム研究者にあてて2016年度研究大会への招待状をいただきました。

後述する招待状の差出人は上記研究会幹事のマシュー・カフリー氏(アメリカ空軍退役大佐、アメリカ空軍ウォーゲーム研究所元所長)。なお同NPO団体はアメリカ、NATO、スウェーデン、オーストラリアなどの軍人や民間研究者から構成され、現在ではイギリス、オーストラリアなど各国に支部が設けられています。

大会の概要は2015年度大会に参加した学会会員の蔵原大(東京電機大学非常勤講師)によるルポをご参照ください( http://prologuewave.com/archives/5114 )。

ゲーム研究に新しい潮流をもたらす2016年度の国際的研究大会オファー、皆さんもぜひご検討してみませんか。

【題 目】Wargaming Connections Conference 2016
【日 時】August 8-11, 2016
【場 所】Air Force Wargaming Institute at Maxwell Air Force Base (Montgomery, Alabama, USA):http://www.maxwell.af.mil/
【主 催】Wargaming Connections:https://connections-wargaming.com/
【参加登録】参加には事前登録必須、登録ページは近日開設予定。
【参考資料】ウォーゲーム研究大会・参加談―イギリスで戦略をプレイするということ(蔵原大):http://prologuewave.com/archives/5114

DSC_0601

(2015年度イギリス研究大会の様子。蔵原大撮影)

■1.招待状(日本語訳) (さらに…)

投稿日:2015年11月15日


2016年8月15-17日に「第4回国際日本ゲーム研究カンファレンス(Replaying Japan 2016)」が開催されます。この国際会議は、これまで立命館大学やアルバータ大学(カナダ)で開催されてきました。第4回大会の会場は、ライプツィヒ大学(ドイツ)です。

現在、同会議での研究発表の募集が行われています。今大会では、日本のゲーム文化の起源、特に「パックマン」の誕生から現在までに関する研究と、日本のゲーム文化とグローバルなゲーム文化の相互作用や、ローカリゼーションの役割に関する研究が特に求められています。また、ゲーム、ゲーム文化、教育、日本のゲーム産業などを扱った、多様な研究発表、ポスター、デモも募集されています。

募集の締切は、2016年1月20日です。会議で使用される言語は英語ですが、日本語の発表要旨も受け付けています。また、英語で発表できない発表者向けのサポートもあります。

日本のゲーム研究を世界に発信する良い機会です。また大会直後には、世界最大のゲームショウの一つ「Gamescomがケルンで開催されます。是非積極的にご活用下さい。
http://home.uni-leipzig.de/jgames/replayingjapan2016/


国際コミュニケーション学会(ICA)のゲーム研究部会が、2016年6月8日に、同学会のプレカンファレンスとして、ゲーム研究をテーマにした国際会議を日本大学で開催します。現在、発表の募集が行われています。

募集の〆切は、2016年12月7日です。会議にあわせて秋葉原でのツアーなども行われるようです。
詳細については、下記のサイトをご確認下さい。
http://game.icahdq.org/ohana/website/?p=58381739

投稿日:2015年10月31日


ゲーム研究の二大国際会議である「DiGRA」と「FDG(Foundation of Digital Games)」のはじめての合同国際会議「DiGRA/FDG 2016」が開催されます。場所はスコットランドのアバーテイ大学、日程は2016年8月1日(月)~6日(土)です。

フルペーパー(16ページ以内)、アブストラクト(最大2ページ)の他、イベントやパネルセッションの発表者募集が行われています。〆切は、2016年1月29日(金)です。また、この他にポスター・デモや、博士課程学生向けのコンソーシアムの募集も行われています。

世界的に注目されている国際会議ですので、ご関心がある方は是非ご検討下さい。
http://www.digra.org/145807/

投稿日:2015年10月20日


本勉強会は、8月にCEDECにて行った人狼知能大会の優勝チーム饂飩を講師に迎え、エージェントアルゴリズムの実装に関して議論し、実装するための勉強会として開催いたします。そのため、人狼知能の基本知識は持っているものとして進めますので、参加者各自での準備をお願いいたします。

なお、この勉強会は人狼知能大会参加者に制限するものではありません。本年度の大会参加者はもちろんのこと来年度の大会参加を検討されているかたの参加も希望いたします。

参加登録サイト

http://kokucheese.com/event/index/341774/
HP:
http://www.aiwolf.org/%E4%BA%BA%E7%8B%BC%E7%9F%A5%E8%83%BD%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A2015/

日時 2015年11月15日(日)
場所 貸会議室プラザ 八重洲北口 [3階-6号室]
スケジュール(予定)
10:00 ~ 10:10 人狼知能の概要(目指すところ)
10:10 ~ 11:00 チームchimeのアルゴリズム紹介 or 決勝進出チームのアルゴリズム紹介
11:00 ~ 12:00 チーム饂飩のアルゴリズム紹介
13:00 ~ 16:00 役職ごとのグループワーク&実装
16:00 ~ 17:00 ミニ大会@人狼知能勉強会

準備していただくもの
開発用に用いるPC
JDK (Java Development Kit)のインストール (ver 1.6 以上)
Eclipseのインストール

セミナー受講に必要な事前知識
JavaおよびEclipseの基礎知識
人狼ゲームのルール

問い合わせ先
gm@aiwolf.org

投稿日:2015年10月6日


公益財団法人 科学技術融合振興財団(FOST)にて、平成27年度の助成の募集について、締切が、10月15日(木)と迫っております。
下記課題に該当する研究活動をされている方は、是非応募をご検討ください。
※応募に関する詳細や申請書はFOSTのホームページ http://www.fost.or.jp/services/ をご参照ください。

1.調査研究助成

A. シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
B.
①シミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作
②社会に役立つシリアスゲームの調査研究

2.補助金

C.シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的手法の研究
※若手研究者(大学院生・助手等)を対象とする


中山隼雄科学技術文化財団にて平成28年度の調査研究並びに助成研究のための補助金・助成金の応募について締切が10月15日(木)と迫っております。下記課題に該当する研究活動をされている方は、是非応募をご検討ください。

※応募に関する詳細や申請書は中山隼雄科学技術文化財団のホームページ
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-sp_research01.html をご参照ください。

1.調査研究助成
平成27年度に公募し選定した「夢のゲーム」アイディアの最優秀賞ならびに優秀賞の課題11点を対象に調査研究の実施者を募集します。

2.助成研究課題
助成研究A ゲームの分野の研究に対する助成
(1) 重点研究:
「ゲームを超えたゲーム II」
(2) 基礎的・基盤的研究:
「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」
「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」
助成研究B 「人間と遊び」に関する研究に対する助成
「遊びの本質及び影響に関する研究」、「遊びの社会的諸活動への応用に関する研究」及び「助成研究A又はBのいずれの課題にも属さない『人間と遊び』の研究」
国際交流(1回目)遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動に対する助成

投稿日:2015年9月9日


情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会(SIG-EC) よりお知らせ

第13回EC2015の参加申し込み受付を開始いたしました.

EC2015では,国内学会では初の試みとなる,電子チケットによる受付システム
の導入を行っております.受付にかかるコスト削減を目指し,EC2015では試験
的にパスマーケットを導入することとしました.請求書による公費払いを希望
されている皆様には,ご迷惑おかけすることとなりまして申し訳ありません.
今後の参考とさせて頂きますので,ご意見等ございましたら,ご連絡頂けまし
たら幸いです.ご登録のほど,どうぞよろしくお願いいたします.

【大会WebサイトURL】
http://ec2015.entcomp.org/index.php

================================================================
第13回EC2015の申込は以下からお願いいたします.

【EC2015参加登録ページ】 早期割引9月18日17:00まで
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01puv6xmuxxb.html

【懇親会参加登録ページ】
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01itmaxpvken.html

================================================================
●会期:2015年9月25日(金) ~ 27日(日)

●会場:
9月25日,26日 札幌市教育文化会館
〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
http://www.kyobun.org/

9月27日 北海道大学学術交流会館
〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目
http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/hall/

●プログラム
http://ec2015.entcomp.org/program.php

今年もエンタテインメントコンピューティングシンポジウム(EC 2015)を行
います。今年は札幌(教育文化会館および北海道大学)を舞台とし、「ECどう
でしょう」をテーマとして開催致します。北海道テレビ放送制作のバラエティ
番組「水曜どうでしょう」のディレクター藤村忠寿氏による招待講演、ソルト
レイク・トリノ・ソチ五輪カーリング女子日本代表の船山弓枝氏などによるパ
ネルディスカッション形式の招待講演、EC2014で好評を博した参加者を巻き込
んだ特別企画「Organized Game」、関連イベントとして、子供向けのプログラ
ミングワークショップ,200万人規模の集客を誇る食の祭典「さっぽろオータ
ムフェスト2015」など、北海道のエンタテインメントを随所に盛り込んだシン
ポジウムを企画しています。
9月18日17時まで早期割引料金が適用されます。是非お早めにご登録下さい。

================================================================
より詳細な情報につきましては公式サイトを御覧ください。
http://ec2015.entcomp.org/index.php
Twitter: @ipsj_sigec(ハッシュタグ #entcomp2015)

問合せ:
ec2015@entcomp.org

参加登録,お支払い(パスマーケット)に関する問合せ:
psm@entcomp.org

================================================================

投稿日:2015年7月21日


中山隼雄科学技術文化財団にて平成28年度の調査研究並びに助成研究のための補助金・助成金の募集が開始されました。
応募締切は、10月15日(木)となっております。下記課題に該当する研究活動をされている方は、是非応募をご検討ください。

※応募に関する詳細や申請書は中山隼雄科学技術文化財団のホームページ
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-sp_research01.html をご参照ください。

1.調査研究助成
平成27年度に公募し選定した「夢のゲーム」アイディアの最優秀賞ならびに優秀賞の課題11点を対象に調査研究の実施者を募集します。

2.助成研究課題
助成研究A ゲームの分野の研究に対する助成
(1) 重点研究:
「ゲームを超えたゲーム II」
(2) 基礎的・基盤的研究:
「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」
「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」
助成研究B 「人間と遊び」に関する研究に対する助成
「遊びの本質及び影響に関する研究」、「遊びの社会的諸活動への応用に関する研究」及び「助成研究A又はBのいずれの課題にも属さない『人間と遊び』の研究」
国際交流(1回目)遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動に対する助成

« 前へ