投稿日:2019年3月19日


いよいよDiGRA 2019の登録が開始されました。

http://www.digra2019.org/

ディスカウント価格が有効なのは、4月末までですので、ご留意の程、よろしくお願いします。

なお、登録時の留意事項がございます。

 

①DiGRA 2019の大会参加費はユーロが基準となっております。

フィンランドに本社を持つ国際学会であるため、参加費用はユーロベースになっております。参加費用は公式ホームページの価格リストから確認出来ます。

②クレジットカードでのお支払いをお願いいたします。

国内の皆さまにつきましては、現金振込のオプションも準備しておりますが、クレジットカードでお支払いを推奨いたします。現金振込の場合、学会運営代行が個別対応で管理する関係上、その分お高くなっております。そちらもDiGRA公式ホームページからご確認ください。

③価格は必ずユーロを選択してください!

支払フォームではユーロと現地通貨(日本の場合は円)が選択可能となっておりますが、かならずユーロを選択してください。円を選択された場合、ユーロ価格を自動的にPaypalの換算レートで円に換算しまい、通常のクレジットカードでの換算レートよりも割高になってしまいます。

 

もし誤って円を選択されてしまった場合、一旦、登録内容を取り消し最初からやり直してください。

もし、あやまって、円を選択をしてしまい、そのまま支払いを済ませてしまった場合、事務局側で差額を払い戻しすることは出来かねますので、あらかじめご了承ください。

 

また、公式ホームページ http://www.digra2019.org/ では、公式ホテルのご案内もしております(トップページ右をご覧ください)。こちらもあわせてご確認ください。

 

では8月には京都で皆さまをお待ちしております。

投稿日:2019年3月7日


2019年8月に開催されるDiGRA 2019において、8月6日に日本語トラック「Contemporary Issues on Digital Game Research in Japan」が行われます。
本ワークショップは日本デジタルゲーム学会の2019年度「夏季研究発表大会」としても実施されます。

DiGRA 2019のワークショップとして開催されるので、発表レギュレーションや大会自体への参加方法について、例年の夏季研究発表大会と異なる点がございます。
詳細は下記ページをご確認ください。

DiGRA 2019 Workshop 日本語トラック(DIGRA JAPAN2019年夏季大会)発表者募集

世界中のゲーム研究者への発信ができる場でもございますので、みなさまのご参加をお待ちしております。

投稿日:2019年2月10日


2019年8月に立命館大学で開催されるデジタルゲームの国際会議「DiGRA 2019」のフルペーパー、アブストラクト、パネル、博士課程コンソーシアムの投稿〆切が、2月12日(火)に延長されています。
http://www.digra2019.org/call-for-paper/

なお、ワークショップの申し込み〆切は、4月8日です。

投稿日:2019年2月7日


Replaying Japan 2019が、2019 年8月9日(金)~11日(日)に立命館大学衣笠キャンパスにて開催されます。

カンファレンスのテーマは「Japanese Games: Past, Present and Future」です。

http://www.rcgs.jp/2018/12/replaying-japan-2019.html

発表をご希望の方は、以下の形式で発表要旨を作成し、2019年2月15日までに、rcgs [ at ] st.ritsumei.ac.jpにご送付ください。

以下、紹介文です。
——-
Replaying Japanはこれまで「Japanese Game」を対象に様々な分野から検証をおこなってきました。しかし、ここで改めて本質的なことを問いたいと思います。
「Japanese Game」とは何でしょうか?例えば、海外の研究者と「スーパーマリオ」や「ポケモン」における初プレイ体験を語りあう時、改めて実感するのは、これらの作品の「日本的特性」ではなく不思議な程の「共有体験」です。つまりこれらのゲームは国情や文化的差異を乗り越えて共通の驚きや感動を世界中のプレイヤーの届けてきたのです。そして、このようなユニバーサル性こそがメディアとしてのゲームの特殊性とも言えます。
ではそのような中で私たちはなぜ敢えて「Japanese Game」を探索する必要があるのでしょうか?本カンファレンスでは、「Japanese Game」の過去と現在を改めて確認しつつ「Japanese Game」とそしてこれらを対象として研究することの未来を俯瞰します。

投稿日:2018年12月12日


第三期ゲーム研究読書会が開催中です。本学会会員でもある中川大地さんの『現代ゲーム史――文明の遊戯史観から』を、参加者の皆さんが共同で読まれています。
※案内と申込:http://bit.ly/gStudies

投稿日:2018年11月6日


SIGGRAPH ASIA 2018が開催されます。

https://sa2018.siggraph.org/jp/

セッション(講演)

コース(教育)

展示ブース

Real-time Live ! (リアルタイムでインタラクティブなデモの大型イベント)

などからなります。

投稿日:2018年10月9日


CFP: DIGRA 2019 (KYOTO, JAPAN, 6-10 AUGUST)

FEATURED

It is our great pleasure to announce the DiGRA 2019 Call for Papers and Submission Guidelines. We call under the theme ‘Game, Play and the Emerging Ludo Mix’, where ‘media mix’ serves as a starting point for considering games’ convergence, transformation, replication, and expansion from platform, technology, and context to another. For more information and updates in the coming months, please see http://www.digra2019.org/.

DiGRA 2019 Conference will be held at Ritsumeikan University, Kyoto, Japan from August 6 to 10, 2019.

Submission deadlines: 
Full Papers, Abstracts, Panels, and Doctoral Consortium: February 5, 2019

Workshops: April 8, 2019.

DiGRA 2019 Submission Template: http://www.digra.org/?attachment_id=148377.
Note: DiGRA is a highly inter/multi/cross-disciplinary community. For efficient and accurate reviewer assignment, carefully choose and input keywords for your submission. We ask for your understanding regarding limited number of submissions per person.

投稿日:2018年9月8日


公益財団法人 科学技術融合振興財団(FOST)にて、平成30年度の助成募集が開始されました。
応募締切は、10月15日(月)となっております。
下記課題に該当する研究活動をされている方は、是非応募をご検討ください。
※応募に関する詳細や申請書はFOSTのホームページ http://www.fost.or.jp/ をご参照ください。

1.研究助成
課題A. シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B.
1) 情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作
(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
2) 社会に役立つシリアスゲームの調査研究

2.補助金
課題C.シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究

3.応募締切日
平成30年10月15日(月)

4.応募お問合せ先
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-24
公益財団法人科学技術融合振興財団
TEL :045-562-5432 FAX:045-562-6132
HP :http://www.fost.or.jp/
E-mail :secretary[あっと]fost.or.jp

投稿日:2018年8月29日


情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 (SIG-EC)によるエンタテインメントコンピューティングシンポジウム (EC2018)が、9月13日から15日まで電気通信大学にて開催されます。

この度、プログラムが公開されました。

プログラムPROGRAM

また,事前参加登録締め切りが1週間延長されました。延長後の締め切りは2018年9月4日です。

開催概要
開催日程:2018年9月13日 (木) – 15日 (土)
開催場所:電気通信大学 (〒182-8585 東京都調布市調布ケ丘1-5-1)
Webページ:http://ec2018.entcomp.org/

問い合わせ先
EC2018実行委員会
ec2018 [あっと] entcomp.org

投稿日:2018年8月25日


現在、公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団では
調査研究並びに助成研究の募集を行っております。

調査研究、助成研究とも、応募期間は10月15日までとなっております。
該当する研究をされてる方は、詳細をご確認の上、奮ってご応募ください。

<調査研究>
ゲームの面白さや手法を使って、様々な社会的課題をみんなでゲームを楽しみながら協力して解決していけるような、新しいゲームの創生に関する次の2件の研究課題から1件を選択して研究企画書を作成の上応募していただき、審査の上合格者に対して研究を委託します。

1.視覚的なフェイクニュースのバトルゲーム ~合理的思考を育てるゲームに関する研究~
2.仮想同行体験システムに関する研究~コミュニケーションの多様化に対応する技術~

詳細は下記ページをご確認ください。
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-sp_research01.html

<研究助成>
以下の3分野の研究を助成対象とします。

助成研究A ゲーム分野の研究
1. 重点研究:
「社会と向き合う/人とつながるゲーム」
2. 基礎的・基盤的研究:
「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」
「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」

助成研究B 「人間と遊び」に関する研究
「遊びの本質及び影響に関する研究」、「遊びの社会的諸活動への応用に関する研究」及び「助成研究A又はBのいずれの課題にも属さない『人間と遊び』の研究」

国際交流 遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動
「応募者が遊び・ゲーム等に関する国際会議に「参加」する費用」
参加期間:2018年12月1日~2019年5月31日

詳細は下記ページをご確認ください。
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-grant01.html

« 前へ