投稿日:2017年1月19日


2017年8月21-23日(現地時間)に開催予定の『第5回国際日本ゲーム研究カンファレンス-Replaying Japan 2017』について、日本語での研究発表の募集を開始いたしました。締切は、2017年1月31日(火)です。

詳しくは下記案内をご確認ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日時 2017821日(月)〜23日(水)
場所 ストロング遊戯博物館(Strong National Museum of Play、ニューヨーク州ロチェスター)
主題 日本のゲームにおけるトランスメディアとストーリー(Transmedia and Story in Japanese Games)
主催 The Strong / Rochester Institute of Technology’s School of Interactive Games and Media and MAGIC Center,
共催 The Institute of East Asian Studies at Leipzig University, the University of Alberta., 立命館大学ゲーム研究センター、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)
 今回のカンファレンスにおけるテーマは、「日本のゲームにおけるトランスメディアとストーリー」です。本テーマに関わる研究について広く募集します。同時に、人文、社会、経営、教育学など多岐に分野にわたるポスター/デモ展示ならびにゲームカルチャー、教育とゲーム並びに日本のゲーム産業に関する研究発表も受け付けます。これまでの発表内容などについては、2016年度の発表内容をご参照ください。
http://home.uni-leipzig.de/jgames/replayingjapan2016/program/
 本学会での発表をご希望の方は、以下の形式で発表要旨を作成し、2017年1月31日までに、電子メールでご投稿ください。
要旨言語 日本語
要旨字数・語数 1,000文字以内(図表を含まず)。図表は2ページ目以降に置く。
(ただし、発表タイトルは投稿時から英語訳を入れて応募してください)
発表種別 希望する発表種別を、①口頭発表(paper)、②ポスター発表(poster)、あるいは③デモンストレーション展示(demonstration)、の3つのうちから1つ選んで記載してください。
保存ファイル形式 PDFフォーマット
投稿アドレス rcgs@st.ritsumei.ac.jp
注意事項 採択された場合、英文要旨の提出を追ってお願いします。また、発表は英語でおこなっていただきます(英語での発表およびQAについてサポートが必要な方は、採択後にご相談ください)。
 発表要旨を投稿する際には、以下の点にご留意ください。
• 発表要旨のPDFには、本文と図表を入力し、氏名・所属等、著者を特定できる情報を記載しないでください。
• 電子メール本文中に、発表タイトル、著者氏名、所属、住所、電話・FAX番号、Eメールアドレスを記載してください。
本学会での発表の可否は、プログラム委員会での審査後、「2017年2月27日(金)」以降にお知らせいたします。なお、ご不明な点や質問がございましたら、投稿アドレスと同じ「rcgs [あっと] st.ritsumei.ac.jp」までお寄せ下さい。
皆様の積極的な投稿をお待ちしております。
リンク:

投稿日:2016年12月5日


千葉大学教育学部の授業実践開発研究室(藤川研究室)では,2016年12月3日(土),4日(日)にグリー(株)本社(東京・六本木)で小学校5,6年生を対象とした社会科及び家庭科を対象とした学習ゲームを制作するハッカソンを実施し,日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN) 教育SIGの古市委員と学生広報担当委員の粟飯原とで取材してきました.

2016-12-04-chibau-gree-1024x727

発表会終了後の集合写真(中央部が優勝したShow Time!開発者のチーム) (さらに…)

投稿日:2016年9月22日


中山隼雄科学技術文化財団では、助成研究・調査研究の募集を10月15日まで行っています。

※10/15まで延長になりました。

http://www.nakayama-zaidan.or.jp/


FOST(科学技術融合振興財団)で、平成28年度の助成募集を開始されました。

本年度の調査研究と補助金について、延長して 10月31日(月)まで応募を受け付けています。

http://www.fost.or.jp/services/

投稿日:2016年6月14日


13346674_1097822990291117_391986956774191572_n

本学会の理事の小山友介教授の「日本デジタルgエーム産業史」(人文書院)が、

2016/06/30 に出版されます。

http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b217735.html

 

投稿日:2016年6月8日


※人工知能学会からのお知らせです。

第2回人狼知能大会に向けて人狼知能セミナを開催いたします。
本セミナは、主に人狼知能エージェント開発を始めて行う方を主な対象とした入門編となっております。大会参加を検討してところとか、まず何からはじめたらいいのかわからない、とりあえず開発を始めてみたけど、どう作っていけばわからないという方はぜひご参加ください。
なお、開催場所に関してはいずれも仮の場所になっておりますが、大きく変わることはない予定でおります。

2016年05月07日 場所: 大阪、i-Siteなんば 2F S1ルーム 申し込みサイト
05月15日 場所:東京、国立情報学研究所 申し込みサイト
05月28日 場所:福岡 天神松重ビル 申し込みサイト ※希望者がないため受付を停止しております。希望がありましたら gm@aiwolf.org までご連絡ください
06月12日 場所:東京、筑波大学東京キャンパス 申し込みサイト

当日スケジュール:
10:00 – 10:15: 人狼知能とは
10:15 – 11:00: ルール・プロトコル説明とインストール
11:15 – 12:00: サンプルエージェント説明
13:00 – 16:00: エージェント作成
16:00 – 17:30: ゲーム試行

参加者に準備していただくもの
– 開発用に用いるPC
– JDK (Java Development Kit)のインストール (ver 1.6 以上)
– Eclipseのインストール
※ Java 以外を用いる場合には、ご自身でご用意ください

セミナー受講に必要な事前知識
JavaおよびEclipseの基礎知識
人狼ゲームのルール

投稿日:2016年5月30日


情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 より

**************************************************
エンタテインメントコンピューティング2016 発表募集

http://ec2016.entcomp.org/
2016年11月12日(土)~14日(月)
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル イベントラボ
相愛大学 本町キャンパス
**************************************************

エンタテインメントコンピューティングシンポジウム(EC2016)の開催をご案内
いたします.第14回目の開催となるEC2016は,「描こう,エンタテインメントの
地図を」というテーマを掲げ,2016年11月に大阪にて開催いたします.

本年のシンポジウムは,二つの会場にわたって開催されます.初日の会場であ
る,グランフロント大阪 ナレッジキャピタル イベントラボでは,エンタテイン
メント技術分野における著名な国際会議ACE(International Conference on
Advances in Computer Entertainment Technology)と共同で,デモ展示を一般公
開いたします.研究者の考える新しいエンタテインメントを世に問う絶好の機会
となります.二日目と三日目は相愛大学 本町キャンパスで,口頭発表を中心に
据えたプログラムを構成し,エンタテインメントの意義や評価について深く考え
る機会を提供いたします.参加者を巻き込むオーガナイズドゲーム,デモ発表会
場のエンタテインメント性を高める新たな試みなど,本シンポジウムが全ての参
加者にとって魅力的となるよう,鋭意準備いたしております.

また,本シンポジウムと連携して情報処理学会論文誌での特集号の企画をして
います.シンポジウムでの優れた論文発表については論文誌への推薦を行います.
皆様のご研究を論文にする絶好の機会ですので,ぜひご活用ください.

以下の要領で発表を募集いたします.皆様の先進的なご発表をお待ち申し上げ
ております.

会期: 2016年11月12日(土) ~ 14日(月)

会場:
11月12日(土): グランフロント大阪 ナレッジキャピタル B1F イベントラボ
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1

11月13日(日)・14日(月): 相愛大学 本町キャンパス
〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-23

締切:
発表申込締切: 2016年 6月24日(金)
原稿提出締切: 2016年 7月29日(金)

対象分野:
エンタテインメントに関する理論的・実証的研究,各種応用システム開発や
コンテンツ制作などを広く募集します.

例)
・ゲームプレイングプログラム/ゲーム理論/ネットワークゲーム
・ビデオゲームのための画像生成/インタラクション技術/演出手法
・音楽生成/演奏支援/立体音響
・エンタテインメントVR/複合現実感/エンタテインメントロボット
・ウェアラブルエンタテインメント/エンタテインメント系携帯コンテンツ
・バーチャルアイドル/エンタテインメント系Webデザイン
・インタラクティブアート/メディアアート
・電子玩具/テーマパークデザイン
・ゲーミフィケーション/エンタテインメントと社会
・エンタテインメントの認知科学/エンタテインメントの脳科学
・その他エンタテインメントと情報処理に関する話題

発表形態・執筆要領:
発表形態は以下の3種類から選択できます.
・口頭発表(20分間(予定)の登壇発表)のみ
・口頭発表(20分間(予定)の登壇発表)およびデモンストレーション(デモ)発表
・デモ発表のみ
(昨年度からの変更点:ショート発表を廃止しました.)

デモ発表は,日によって会場が異なります(グランフロント大阪と相愛大学).
発表会場の希望については申込時に選択していただきます.デモ発表は一部一般
無料公開を予定しています.なお,会場等の都合により,ご要望にお応えできな
い場合がありますのであらかじめご了承下さい.

【重要1】口頭発表およびデモ発表の投稿について,研究ビデオの投稿も併せて
ご検討ください.今年は「ベストビデオアワード」を用意し,優れた研究ビデオ
について表彰いたします.また,シンポジウムで発表される論文については情報
学広場(情報処理学会電子図書館)に収録されますが,著者が希望する場合には
研究ビデオについても併せて情報学広場に収録することを検討しております.

【重要2】グランフロント大阪でのデモ展示作品の選定には研究ビデオを参考に
します.研究ビデオの提出は必須ではありませんが,グランフロント大阪での展
示を希望される場合には研究ビデオの投稿もご検討ください.

発表申込・投稿方法:
大会ウェブサイト http://ec2016.entcomp.org/ からお申し込みいただけます
(現在準備中).

主催: 一般社団法人 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会

問合せ: ec2016@entcomp.org
Twitter: @ipsj_sigec(ハッシュタグ #entcomp2016)

投稿日:2016年4月9日


芸術科学会 より

芸術科学セミナー【4/13開催】

芸術科学セミナーの日程が近づきましたので再度ご案内いたします。

日時:4月13日(水) 16:30〜18:30
場所:お茶の水女子大学 共通3号館409号室
講師:佐藤暁子氏(16:30)尾形美幸氏(17:30)

本セミナーは会員の皆様、および会員の指導学生の皆様を優先的にご案内するものです。ここでの「会員の指導学生」とは、ゼミや研究室に限定せず、教員の皆様がご勤務される学部・学科・コース等の教育組織全般を指します。教育機関にお勤めの皆様におかれましては、本セミナーを学生の皆様に広く通知していただけると幸いです。

佐藤暁子氏(東京大学)
「芸術が科学と社会の架け橋になるために」

学術の世界において、研究内容や情報を発信する際、それらに付加価値を与える芸術の力は欠かせません。芸術科学会に所属されるみなさんにとって身近なところでは、論文や研究発表における図表や挿絵が挙げられるかと思います。難しい研究内容もビジュアル化することで直感的にわかりすく人に伝えることができます。本講演では、科学技術をビジュアル化することの重要性と、科学研究者達とアーティストとしての自身の常識の違いや化学反応を、今まで手掛けてきた作品を紹介しながらお話させていただきます。

尾形美幸氏(ボーンデジタル)
「ポートフォリオから見えてくる、専門学校・美術系大学・理工系大学におけるCG映像教育のちがい」

ゲーム会社やCGプロダクションのアーティスト採用では、作品集であるポートフォリオやデモリールが重要視されます。その内容に唯一無二の正解はありませんが、専門学校・美術系大学・理工系大学出身の内定者のそれを比較すると、各教育機関のCG映像教育のちがいが見えてきます。ポートフォリオ制作に取り組むなら、制作を指導するなら、自身が所属する教育機関の強みや特徴を理解したうえで戦略を練る方が得策でしょう。本講演では、2011年から今日にいたるまで、CG映像教育とポートフォリオに関する執筆・取材・講演を行ってきた演者が、自身の見解を受講者の皆様に共有させていただきます。

※ お茶の水女子大学へのアクセスは以下のページをご参照下さい。
http://www.ocha.ac.jp/access/
※ 当日はインターネット接続環境を提供しませんので、必要な方はご自分でモバイル環境をご持参ください。(ただしeduroomは利用可能です。)
※ 会場は附属小学校の関係で警備が非常に厳しくなっております。
ご来場の際には身分証明書のご持参を強くお勧めします。

投稿日:2016年4月7日


人狼知能プロジェクトより

第2回人狼知能大会に向けて人狼知能セミナを開催いたします。
本セミナは、主に人狼知能エージェント開発を始めて行う方を主な対象とした入門編となっております。

大会参加を検討してところとか、まず何からはじめたらいいのかわからない、とりあえず開発を始めてみたけど、どう作っていけばわからないという方はぜひご参加ください。
なお、開催場所に関してはいずれも仮の場所になっておりますが、大きく変わることはない予定でおります。

2016年05月07日 場所: 大阪、なんば周辺 申し込みサイト
05月15日 場所:東京、国立情報学研究所 申し込みサイト
05月28日 場所:福岡 天神松重ビル 申し込みサイト
06月12日 場所:東京、筑波大学東京キャンパス 申し込みサイト

当日スケジュール:
10:00 – 10:15: 人狼知能とは
10:15 – 11:00: ルール・プロトコル説明とインストール
11:15 – 12:00: サンプルエージェント説明
13:00 – 16:00: エージェント作成
16:00 – 17:30: ゲーム試行

参加者に準備していただくもの
– 開発用に用いるPC
– JDK (Java Development Kit)のインストール (ver 1.6 以上)
– Eclipseのインストール
※ Java 以外を用いる場合には、ご自身でご用意ください

セミナー受講に必要な事前知識
JavaおよびEclipseの基礎知識
人狼ゲームのルール

投稿日:2016年3月5日


当学会会員の蔵原大氏より、国際会議「Wargaming Connections 2016」について、下記のご案内を頂きましたので転載いたします。

【国際的なゲーム研究大会へご招待―Wargaming Connections 2016】

いま国際社会ではシリアスゲームの一つであるウォーゲーム(別称で紛争検証学、兵棋演習など)の研究活動が広がりつつあります。

その活動の主軸であるNPO団体「ウォーゲーム連合研究会」(Wargaming Connections)から日本のゲーム研究者にあてて2016年度研究大会への招待状をいただきました。

後述する招待状の差出人は上記研究会幹事のマシュー・カフリー氏(アメリカ空軍退役大佐、アメリカ空軍ウォーゲーム研究所元所長)。なお同NPO団体はアメリカ、NATO、スウェーデン、オーストラリアなどの軍人や民間研究者から構成され、現在ではイギリス、オーストラリアなど各国に支部が設けられています。

大会の概要は2015年度大会に参加した学会会員の蔵原大(東京電機大学非常勤講師)によるルポをご参照ください( http://prologuewave.com/archives/5114 )。

ゲーム研究に新しい潮流をもたらす2016年度の国際的研究大会オファー、皆さんもぜひご検討してみませんか。

【題 目】Wargaming Connections Conference 2016
【日 時】August 8-11, 2016
【場 所】Air Force Wargaming Institute at Maxwell Air Force Base (Montgomery, Alabama, USA):http://www.maxwell.af.mil/
【主 催】Wargaming Connections:https://connections-wargaming.com/
【参加登録】参加には事前登録必須、登録ページは近日開設予定。
【参考資料】ウォーゲーム研究大会・参加談―イギリスで戦略をプレイするということ(蔵原大):http://prologuewave.com/archives/5114

DSC_0601

(2015年度イギリス研究大会の様子。蔵原大撮影)

■1.招待状(日本語訳) (さらに…)

« 前へ